ソフトウェア
Apple / アップル(企業)
App Store(製品・サービス)

アップルが詐欺撲滅を目指してApp Storeガイドラインを改訂

次の記事

アップルが(ついに)天気アプリをアップデート、ダイナミックな背景や天気図、詳しいデータを提供

Apple(アップル)は米国時間6月7日、App Store Review Guidelines(アップストア・レビュー・ガイドライン)を改訂した。アプリをApp Storeで公開するために従わなくてはならないルールを定めた膨大な文書だ。今回公開された中で特に注目すべきなのは、AppleがApp Storeにおける不正、詐欺、デベロッパーの不品行などに対して強固な姿勢をとっていることで、悪事を追求する権限を他のデベロッパーに与える新しいプロセスも含まれている。

この点に関する大きな変更は、AppleのDeveloper Code of Conduct(デベロッパー行動規範 / レビュー・ガイドラインの5.6および5.6.1~5.6.4項)に見られる。

この項目は大きく拡張され、操作的あるいは誤解を招く行動の繰り返し、あるいはその他の詐欺的行動はApple Developer Programからの追放につながることが記載されている。これはAppleが違反の繰り返しに対してこれまでも行ってきたことだが、ガイドラインに明文化することを重要視した、と同社は言っている。

本項目に追加された3番目の段落で、Appleは、デベロッパーがデベロッパー行動規範に違反する行動または行為に携わった場合、Appleデベロッパーアカウントが剥奪されると言っている。

さらに、削除されたアカウントを復活させるためには、自分たちが実施した改善点を詳しく説明した書面をAppleに提出し、Appleの承認を得る必要があると具体的に記されている。もしAppleが、改善がなされたことを確認できれば、そのデベロッパーのアカウントを復活させる可能性がある。

Appleは記者会見で、この変更は、Appleに捕まったデベロッパーが、後に変更を元に戻した悪事を続ける、一種のキャッチ・アンド・リリース行為を防ぐことが目的だと説明した。

今回の改訂で、Appleはデベロッパーの個人認証に関する新たな項を追加した。これは、Appleおよびユーザーに提供されているデベロッパーの連絡先情報が正確であり機能していること、およびデベロッパーがApp Store上の正当なデベロッパーになりすましていないことを保証するためだ。これは、あるユーザーの老後の蓄え(Bitcoinで約60万ドル、約6600万円)をだまし取った暗号ウォレットアプリに関わるApp Store詐欺が大きな問題になった案件だ。その詐欺被害者は、問題のアプリがハードウェア暗号デバイスを作っている別の会社と同じ名前とアイコンを使い、5つ星の評価が付けられていた(もちろん不法に)ために騙された。

これに関連して、AppleはApp Storeの発見詐欺に関する文言(5.6.3)を明確化し、App Storeのランキング、検索、レビュー、および紹介に対するあらゆる種類の操作を、より具体的に非難している。これは、現在急増している詐欺アプリをランキングと検索の上位に持ち上げるApp Store偽評価偽レビュー業界を撲滅することが目的だ。

一方、紹介取り締まりは、インストールを促進するためにApp Store外で消費者に誤った価格を示す行為を対象としている。

別の項(5.6.4)では、アプリが公開された後に起きる問題を取り上げている。ネガティブなカスタマー報告や懸念事項、異常に高い返品率などだ。Appleがこの行為を見つけた場合、違反があるかどうかアプリを捜査する、と述べている。

もちろんここでの問題はこうだ。果たしてAppleは潜在的詐欺師を実際に見つけられるのか?ここ数カ月間、Appleのレビューはあまりにも多くの詐欺アプリをすり抜けさせている、と多くのデベロッパーが指摘している。

Appleにとって悩みのタネの1つが、キーボードアプリ「Fleksy」のファウンダーであるKosta Eleftheriou(コスタ・エレフセリウ)氏で、同氏は彼が詐欺師に奪われた売上に関してAppleを訴えているだけでなく、1人詐欺集団のようなものを作り、過去の悪質な詐欺行為を暴露している。この中には上に挙げた暗号詐欺、子ども向けゲームの顔をしたオンラインカジノ、ユーザーから年間500万ドル(約5億5000万円)騙し取る新しいVPNアプリなどさまざまある。

関連記事
Appleは蔓延するアプリの評価詐欺を根絶するよう開発者に迫られている
Fleksyの共同創設者がApp Store詐欺による売上減でAppleを提訴
米上院は独禁法公聴会でアップルのApp Storeにおける不正防止の怠慢を非難

App Storeに蔓延する詐欺行為はAppleの反トラスト公聴会でも取り上げられ、ジョージア州のJon Ossoff(ジョン・オソフ)上院議員はAppleのKyle Andeer(カイル・アンディア)最高コンプライアンス責任者に、なぜAppleは詐欺師を見つけられないのか「簡単に」特定できるのに、と質問した。

当時Appleはその懸念を軽視し、その後もApp Storeが2020年に15億ドル(約1641億3000万円)の詐欺取引を阻止したことを謳ったこのプレスリリースを出すなどその態度を貫いている。

しかしガイドラインのこの最新改訂は、この件に関してAppleが何らかの助けを必要としていることを認めているように読める。そこには、デベロッパーは他のデベロッパーのアプリに違反の可能性を見つけた時、直接報告できるようになったと書かれている。この種の報告を標準化した新しいフォームを通じて、デベロッパーはガイドライン違反あるいはその他の信用あるいは安全に関する問題を指摘することができる。多くの場合、デベロッパーは自分たちのビジネスと売上に影響を及ぼしているアプリに気づくので、詐欺師に対処する第1ステップとしてこのフォームを使う可能性は高い。

別の変更では、デベロッパーが政治的偏見を含むなんらかの不当な扱いがあったと思ったとき、異議申し立てできるようになる。従来Appleはデベロッパーに対して、App Storeの決定に不服を申し立て、ガイドラインの変更を提案することを認めてきた。

AppleはTechCrunchに対し、現在81言語に対応する500人のアプリレビュアーが、改訂されたガイドラインとポリシーを執行するために毎日取り組んでいると語った。Appleは、日々起きている個別の問題をシステムとアルゴリズムと教育にフィードバックすることで、将来同じ問題が起きないようにすると言っている。中でも新しい行動規範ルールは、App Store詐欺を厳重に取り締まるために必要なツールをもたらすと革新している。

詐欺に関する規則は、この日のApp Store Reviewガイドライン改訂で公開される多くの変更点のごく一部にすぎない。

他に注目すべきものをいくつか挙げておく。

  • Appleは「フックアップ」アプリに関するルールを明確化し、App Storeでポルノおよび売春が許されていないことをデベロッパーが間違いなく理解するようにした。ほとんどの問題は、セックスに関する夜逃げ的アプリであり、おとり商法でユーザーを釣る
  • クリエイターコンテンツアプリは、ユーザー生成コンテンツのルールに従うよう指導されている。すなわち、コンテンツのブロック、報告、および厳重な管理を受けなければならない
  • Appleは、許可を受けた薬局と許可を受けた大麻販売者は、合法かつ地域制限されていれば、購入を支援できる条項を加えた
  • 犯罪行為の報告を行うアプリではデベロッパーは地域警察と協力する必要がある。(Citizenは、ユーザーが誤った人物を捕まえて問題になった最近の事例だ。このレベルの不注意はなくなるかもしれない)
  • おとり商法およびアプリの価格に関する広告は許されていない
  • 携帯通信会社アプリは音楽とビデオサービス以外のサブスクリプションを提供できるようになった
  • Appleは、デベロッパーは誰とでもメールで連絡をとれることを明確にしたが、App Storeを通じて獲得した顧客をターゲットしてApp Store以外で購入する方法に関するメッセージを送ることはできない、と言っている
  • 飲み比べゲームアプリはくさるほどあるので、送ってこないように
  • アカウント作成を提案するアプリは、アカウントの削除も提案しなくてはならない
  • 他にギフトカードのアプリ内購入、アプリメタデータ、バグ修正登録などの明確化が加わったが、主要な変更ではない

関連記事
アップルがiOS 15発表、「つながり続ける」「集中する」といった4つの柱を掲げFaceTime、通知などの新機能満載
アップルがmacOS 12 Monterey発表、PCとタブレットのギャップを埋める
アップルが動画や音楽をバーチャル共同視聴できる新機能「SharePlay」をiOS 15で導入
アップルのiOS 15新機能「Live Text」は写真内の文字を自動認識してテキストデータ化
今秋リリースのアップルのwatchOS 8にマインドフルネスと呼吸追跡の機能
アップルがMacにも「ショートカット」を搭載、Automatorからの移行を開始する
AppleマップがiOS 15アップグレードでより詳細な地図、交通機関ナビ、ARビューなど追加
アップルがiCloudをアップデート、プライバシー機能を追加した「iCloud+」発表
アップルがiOS 15で「通知」を改良、新機能「フォーカス」「サマリー」でよりパーソナルに
アップルがApp Storeに製品ページA/Bテストとアプリ内イベントの宣伝を導入
アップルがFaceTimeのアップデートを発表、Androidユーザーも利用可能に
Apple TVにHomePod miniをスピーカーにするなどのアップデート
マルチタスクが改善されたiPadOS 15、新Swift Playgroundsでアプリ作成から公開まで可能に

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:AppleWWDC 2021WWDCApp Store詐欺

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / facebook