複数のアップル製デバイスをシームレスに移動しながら作業できる「ユニバーサルコントロール」機能

次の記事

コーンテックがAIカメラで養豚の体重・体格・肉質を計測する実証実験を開始

米国時間6月7日に開催されたWWDC(世界開発者会議)で、Apple(アップル)が次期macOS 12 Monterey(モントレー)を発表した。今回のmacOSアップデートで最も注目すべき新機能は、OS X Yosemite(ヨセミテ)で初めて導入された「Continuity(コンティニュイティ)」機能をベースにした「Universal Control(ユニバーサルコントロール)」だ。これまでも、iPhoneで開いたニュース記事の続きをMacBookで読んだり、iPadからiMacにリンクをコピー&ペーストしたりすることは可能だった。しかし、Universal Controlはこれらの機能をさらに進化させたものになる。

Universal Controlでは、1つのマウスとキーボードを使って、複数のAppleデバイスを同時に操作することが可能になる。公開されたデモビデオを見ると、iPad、MacBook、iMacの間をシームレスに移動しながら作業できることがわかる。複数のデバイス間を経てファイルをドラッグ&ドロップすることもできるので、例えばFinal Cut Pro(ファイナルカットプロ)で映像を編集する際には、複数のデバイスをマルチスクリーン環境として利用できる。

Universal Controlで可能になることは、必ずしも目新しいわけではない。同様の機能は、これまでもサードパーティ製アプリで実現されていた。さらに2019年には、アップルからも、iPadをMacBookやiMacの2台目のモニターとして使用できる「Sidecar(サイドカー)」という機能が登場している。しかし、Universal ControlはSidecar(もしかしたら廃止になるかもしれない)をさらに改良し、iPad以外のアップル製デバイスも連携させることができるようになった。macOS 12 Montereyは革新的なアップデートではないかもしれないが、既存の機能を向上させる有益なアップグレードだ。

関連記事:もうアップルのSidecarが手放せない

関連記事
アップルがiOS 15発表、「つながり続ける」「集中する」といった4つの柱を掲げFaceTime、通知などの新機能満載
アップルがmacOS 12 Monterey発表、PCとタブレットのギャップを埋める
アップルが動画や音楽をバーチャル共同視聴できる新機能「SharePlay」をiOS 15で導入
アップルのiOS 15新機能「Live Text」は写真内の文字を自動認識してテキストデータ化
今秋リリースのアップルのwatchOS 8にマインドフルネスと呼吸追跡の機能
アップルがMacにも「ショートカット」を搭載、Automatorからの移行を開始する
AppleマップがiOS 15アップグレードでより詳細な地図、交通機関ナビ、ARビューなど追加
アップルがiCloudをアップデート、プライバシー機能を追加した「iCloud+」発表
アップルがiOS 15で「通知」を改良、新機能「フォーカス」「サマリー」でよりパーソナルに
アップルがApp Storeに製品ページA/Bテストとアプリ内イベントの宣伝を導入
アップルがFaceTimeのアップデートを発表、Androidユーザーも利用可能に
Apple TVにHomePod miniをスピーカーにするなどのアップデート
マルチタスクが改善されたiPadOS 15、新Swift Playgroundsでアプリ作成から公開まで可能に
アップルが詐欺撲滅を目指してApp Storeガイドラインを改訂
iOS 15ではさらにセキュリティとプライバシー保護機能が充実

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:AppleWWDC 2021WWDCmacOSmacOS 12 MontereyMac

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Amanda Silberling、翻訳:Hirokazu Kusakabe)