Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオの提供を開始

次の記事

IBMと東京大学が量子コンピューター実用化に必要な部品の試験を行うハードウェア・テストセンターを開設

Apple(アップル)は2021年5月に、間もなくApple MusicサブスクでDolby Atmos(ドルビーアトモス)によるロスレスストリーミングとSpatial Audio(空間オーディオ)を無料で利用できるようにすると発表した。そのアップグレードが利用できるようになった、とAppleは米国時間6月8日朝に発表した。ただ、多くの人はこのアップグレードが実際には6月7日のWWDCキーノートの後に行われたことに気づいていた

Apple Musicの7500万曲を超える全カタログでロスレスオーディオをサポートする。

ロスレスオーディオはCD品質の44.1 kHz/16bitで始まり、48 kHz/24 bitまでとなる、と Appleは以前言及していた。オーディオファイルは192 kHz/24 bitまで対応するハイレゾのロスレスを選ぶこともできる。こちらを利用するには外部のデジタル/アナログUSBコンバーターを使う必要がある。ヘッドフォンをiPhoneに差し込むだけでは機能しない。

Apple Music購読者は設定で音楽をタップし、オーディオの品質から新しいロスレスのオプションを選ぶことができる。そこではWi-Fi、データ通信、ダウンロードなど異なるコネクションのために使えるよう、いくつかの品質が用意されている。

設定で品質を選ぶと、ロスレスファイルが端末の「かなり多くのスペース」を使うとiOSは警告する。ストレージ10GBで約3000曲を高品質で保存でき、ロスレスだと1000曲、ハイレゾロスレスだと200曲だ。

画像クレジット:Apple

一方、空間オーディオは、H1チップやW1チップ搭載のAppleのAirPodsやBeatsヘッドフォンなどDolby Atmosに対応するハードウェアではデフォルト設定される。iPhone、iPad、Macの最新モデルもDolby Atmosに対応する。Apple Musicの空間オーディオは「間もなく」Androidデバイスでも提供される、とAppleは述べた。

提供開始に際し、Apple Musicは空間オーディオを案内するための新しいプレイリストの展開も6月8日開始した。プレイリストは以下の通りだ。

Appleはまた、 リスナーが違いを聞き分けられるようサポートする特別ガイドもApple Musicの空間オーディオに追加する。ここにはMarvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)やThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)といったアーティストのトラックが含まれる。そしてAppleはZane Loweがホストするトップのサウンドエンジニアと専門家を招いた空間オーディオについての座談会を米国太平洋標準時間6月8日午前9時(日本時間6月9日午後10時)からApple Musicで提供する。

楽曲はDolby Atmos向けにリマスタリングされる必要があるため、これらのガイドやプレイリストは音楽好きの人が探し回らなくても新しいフォーマットを体験できるようにする。さらに多くの新規リリースとベストなカタログ曲を空間オーディオで加えるために、アーティストやレーベルと協業しているとAppleは話す。この点を強化すべく、Appleはさまざまな取り組みが進行中だと指摘する。主要マーケットでドルビーを利用できるスタジオの数を倍増させたり、独立アーティストへの教育プログラムやリソースを提供したりといったものが含まれる。

Appleはまた、音楽オーサリングツールを「Logic Pro」に直接組み込むと述べた。2021年後半には、ミュージシャンなら誰でも自分の曲をSpatial Audio for Apple Musicで制作しミックスできるLogic Proのアップデートをリリースする予定だ。

関連記事:Apple Musicがロスレス・空間オーディオを2021年6月から提供、追加料金なし

カテゴリー:ネットサービス
タグ:AppleWWDCWWDC 2021Apple Music音楽音楽ストリーミング

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Nariko Mizoguchi