ネットサービス
Contentstack(企業)
ヘッドレスCMS(用語)

ヘッドレスのコンテンツ管理システムContentstackはAIを導入しトレンドに乗る

次の記事

ソニーがドローン「Airpeak S1」を9月発売、ミラーレスα搭載や映像制作向け飛行プラン作成も可能

ヘッドレスのコンテンツ管理システム(CMS)、マーケティング用語でいう「コンテンツ・エクスペリエンス・プラットフォーム」を提供するContentstackが米国時間6月9日、シリーズBで5750万ドル(約62億9000万円)を調達したことを発表した。参加投資家の数が予定を超えたと同社がいうそのラウンドは、同社のシリーズAをリードしたInsight Partnersがリードし、新たな投資家のGeorgianと、これまでの投資家であるIlluminate VenturesGingerBread Capitalが参加した。これで、同社の総調達額は8900万ドル(約97億4000万円)になる。

Contentstackの創業者でCEOのNeha Sampat(ネハ・サンパット)氏は、次のように述べている。「2020年はリテールや金融サービス、ゲーム、旅行などの業種の指導的な企業を支援して、彼らの顧客のための個人化された体験を作って収益を増進し、顧客の満足度を高め、ブランドロイヤルティを育てました。今回の資金調達ラウンドは、私たちの戦略が有効だったことを示しており、特に平等性と顧客への配慮およびプロダクトのイノベーションの3点が弊社の革新的な信念です。2021年は稀に見る困難な年ですが、弊社のチームは人たちの心に残るほどの結果を届け、また、デジタルファーストの世界のために最良のアジャイルなCMSプラットフォームを提供してきた成長の軌跡を継続できることは非常にありがたいことです」。

同社によると、2019年10月の3150万ドル(約34億5000万円)のシリーズA以降、顧客ベースは150%増加した。新たな顧客の中にはBroadcom、Chico’s FAS、HP、La Perla、Leesa Sleep、McDonald’s、NBCなどがいる。

Contentstackは数カ月前に、これらの顧客のためにユーザーインタフェイスを一新し、AIと機械学習へのGeorgianの注力により、これらの新しい技術を同社も導入できると主張している。

そのGeorgianのリードインベスターEmily Walsh(エミリー・ウォルシュ)氏は次のように述べている。「Contentstackとその経営陣は非常に優れています。いくつかのグローバルブランドとの会話からは、彼らの企業にとってContentstackが極めて重要であることが伝わってきます。そのプロダクトは企業において、ビジネスと技術の両方のユーザーに愛されています。弊社のテクノロジープラットフォームにアクセスできるようになったContenstackは、同社自身の効率がアップするだけでなく、顧客とパートナーに提供するイノベーションと体験とサポートを充実できます。私たちは、Contentstackの顧客がAIを利用して新たな洞察と自動化を達成し、ビジネスのアドバンテージを得ていくことにも喜びを覚えます」。

同社は新たな資金で投資と技術を加速し、その国際的な成長とパートナーのエコシステムの拡張に当てる計画だ。

関連記事
ヘッドレスCMSの使いやすさを追求するStoryblokがシリーズAで約9億円調達
インフラ管理もできるヘッドレスCMS開発のPrismicがシリーズAで約22億円を調達

カテゴリー:ネットサービス
タグ:ContentstackヘッドレスCMSAI資金調達

画像クレジット:Contentstack

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)