VC / エンジェル
インタビュー(用語)
Brexit / ブレグジット(用語)
北アイルランド(国・地域)
ベルファスト(国・地域)

ベルファストの現状と展望について8人の投資家、創業者、経営者に聞く、サイバーセキュリティとフィンテックが旋風を巻き起こす

次の記事

グーグルがEUの圧力を受けAndroid検索エンジンの選択画面オークションを廃止、無料化へ

ザ・トラブルズと呼ばれた北アイルランド紛争の終結以降、ベルファストの状況はずっと上向いてきた。北アイルランド経済省によると、この20年でインフラの改善が進み、タイタニック号が建造された造船所や「Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)」のロケ地などの観光名所のおかげで観光ブームが起き、2016年以来、雇用率は安定して上昇を続けている。また、有名なクィーンズ大学があることや、生活費が低いことも魅力だ。さらに、ジェントリフィケーション(富裕化)が起き始めており、これは、北アイルランドの資本価値が上昇していることを示している。

英国のTech Nationの調べによると、ベルファストのスタートアップシーンでは、2018年現在、就労者の26%がテック関連であり、ベルファストは2021年に最大の成長が見込まれる英国の都市の1つに数えられている。

以上を踏まえた上で、テック関連スタートアップエコシステムの内部の現状を知るために、TechCrunchはベルファストの創業者、投資家、経営者に対してアンケート調査を実施した。その回答によると、ベルファストは、フィンテック、アグリテック、ホスピタリティテック、新興テック、サイバーセキュリティ、SaaS、メドテックといった分野に強い。また、アイルランド生え抜きのインキュベーター兼アクセラレーターとして、Ignite NIが出現している。

アンケートの回答者が言及した興味深いスタートアップには、CropSafe(クロップセーフ)、SideQuest(サイドクエスト)、Aflo(アフロ)、Material Evolution(マテリアル・エボリューション)、Cloudsmith(クラウドスミス)、LegitFit(レジッドフィット)、Continually(コンティニュアリ)、Gratsi 54(グラスティ54)、North Design(ノースデザイン)、Animal Manager(アニマル・マネージャー)、Kairos Sports Tech(カイロス・スポーツ・テック)、Budibase(ブディベース)、Incisiv(インサイシブ)、Automated Intelligence(オートメイテッド・インテリジェンス)、loyalBe(ロイヤルビー)、Konvi(コンヴィ)、Lane 44(レーン44)、Teamfeepay.com、Axial3D(アクシアル3D)、Neurovalens(ニューロバレンズ)、Payhere(ペイヒア)、Civic Dollars(シビック・ダラーズ)などがある。

ベルファストのテック関連投資は、ソフトウェアとライフサイエンス分野は活発だが、保守的でリスクを回避する傾向が強い側面があった。しかし、それも改善されてきており、海外からの直接投資(FDI)がエコシステムの主要な成長要因となっている。

ブレグジットが北アイルランドに与える影響については不確定要素がまだ残っているが、ある経営幹部は次のように語った。「うまく対処すれば、ブレグジットをフルに活用できるでしょう。北アイルランドは、EUと英国の両方に属する位置付けとなるため、市場ではいろいろとメリットがあります。それを活かさない手はありません」。

ある創業者は「地元の著名な大学と海外からの直接投資の急増により、優秀なエンジニアが惹きつけられている」ことに世界中の投資家が気づいているため、ベルファストに流れ込む民間資本は増えると予測している。生活費が安いこともあって人材がこの街に留まるようになっており、そのおかげでテック業界が羽ばたける環境が生み出されていると、この創業者はいう。

以下の方々が、TechCrunchのインタビューに応じてくれた。

コーマック・クイン氏、loyalBe、創業者兼CEO

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

当社の強い分野は、サイバーセキュリティと、(サイバーセキュリティほどではありませんが)フィンテックです。さまざまな分野で新しいスタートアップがいくつも創業されているのを見るとワクワクします。従来、ベルファストにはテック関連スタートアップはそれほど多くありませんでしたが、それがまさに今変わりつつあります。これには大いに期待しています。私はこれまで、テック関連会社を起業するにはベルファストから米国に移転する必要があると思っていましたが、その必要はなくなっており、標準的な方法でもなくなっています。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

いくつかありますが、Cloudsmith(開発ツール)、LegitFit(スケジューリング)、Continually(チャットボット / マーケティング)、Automated Intelligence(データ管理)あたりでしょうか。もちろん、これらは思いついた企業を挙げただけで、他にもたくさんあります。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

ベルファストの投資家はいくらか保守的で、少し従来的なやり方に固執しているところがあります。100万ユーロ(約1億3000万円)以上を調達するつもりなら、外部の投資家に目を向ける必要があるでしょう。現時点では、残念ながら民間資本の量も十分とは言えませんが、優秀な人材もおり、生活費も安いため、投資額はさらに増大していくと思われます(家賃の高騰もなく、人件費も比較的安いため)。ベルファストでは、これから良い循環が始まるところだと思います。今から数年以内に、地元で多くのイグジットが生み出され、結果として、民間資本の流入がさらに増えることになるでしょう。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

パンデミック以前、ベルファストは成長していました。以前の状態に近い日常が戻ってくれば、この成長トレンドは継続すると思います。ベルファストは歴史的な問題を抱えていることもあって、長い間、人々が住みたがりませんでしたが、それも少しずつ変わってきています。街のあちこちに、学生寮、ホテル、おしゃれなアパートなどが、次々に出現しています。15~20年前のベルファストには、そのようなものはほとんどありませんでした。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Ignite NIのMD Chris McClelland(クリス・マクレランド)氏。ベルファストで最高のアクセラレータープログラムのメンターで、BrewBotの共同創業者。

Ignite NIのCOO Ian Browne(イーアン・ブラウン)氏。企業家で、ベルファストのスタートアップ業界のもう1人のメンター。

Mark Dowds(マーク・ダウズ)氏。Anthemisのベンチャーパートナー、Ormeau Baths(私見ではベルファストで最高のコワーキング・スペース)の共同創業者。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

今はブレグジットのため不確定要素の多い時期ですが、うまく対処すれば、ブレグジットをフルに活かすことができると思います。北アイルランドは、EUと英国の両方に属する位置付けとなるため、市場ではいろいろとメリットがあります。それを活かさない手はありません。地元の有名大学の存在と海外からの直接投資の急増に惹きつけられて優秀なエンジニアが集まっていることに、世界中の投資家が気づいているため、今後、ベルファストへの民間資本の流入量は増えると思います。生活費がかなり安い分、資本が(賃貸料などに使われることなく)広く循環できるため、テック業界が羽ばたける環境が生み出されています。

TechCrunchのグローバルStartup Battlefieldコンペに参加すべき企業を挙げていただけますか。

Cloudsmithです。

スーザン・ケリー氏、Respiratory Analytics、CEO

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

サイバーセキュリティ、フィンテック、デジタル(メドテックは強い)は構築が必要です。Igniteのインキュベーターとアクセラレーターはすばらしいですが、貧困と貧弱なインフラという問題を抱える北西部への拡大が必要です。公的資金による支援はあるものの、分断化されており、容易には利用できない状態です。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

CropSafe、SideQuest、Aflo(私が創業したスタートアップ)、Material Evolution。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

ベルファストのテック関連投資家は、かなり保守的で「中年白人男性(stale、pale、male)」が多く、リスクを回避する傾向がありますが、これも徐々に変わりつつあります。法定投資はかなり高コストで、米国式のモデルへシフトする必要があります。女性の数が少なすぎます。ソフトウェアに傾注しており、それ自体は良いことなのですが、ハードウェアへの投資に関してはリスク回避の傾向が強すぎます。Halo Business Angel Networkは少し堅苦しい感じがします。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

新型コロナウイルス感染症のため、大勢の人がベルファストと北アイルランド各地に戻ってきています。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Ignite NIは、同社の「Propelプログラム」(プリアクセラレーター)と「Acceleratorプログラム」を通じてスタートアップシーンを牽引しており、すばらしい仕事をしています。Clarendon、Techstart、さまざまなエンジェル投資家、Catalystなどがいます。また、Big Motiveは、重要なデザインエンジンです。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

Invest NIからの支援強化を受け、北アイルランド全体が、スタートアップエコシステムを介してアイルランドにリンクされたイノベーションハブになる可能性があります。

TechCrunchのグローバルStartup Battlefieldコンペに参加すべき企業を挙げていただけますか。

CropSafeです。

ライアン・クラウン氏、Hill Street Hatch、共同創業者

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

当社が強いのはテック分野です。ホスピタリティ関連ベンチャーの起業方法を変えることにワクワクします。ベルファストの弱点は投資と投資家です。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

Payhere、Civic Dollars、Konviです。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

北アイルランドには適切な投資家が不足しています。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

北アイルランドとベルファストは、生活費も安く、クオリティ・オブ・ライフは高いと思います。新型コロナウイルス感染症のため、大勢の人たちが、ロンドン、マンチェスター、ダブリンといった生活費の高い都市部を離れ、ベルファストへ移転してきています。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Chris McClelland(クリス・マクレランド)氏。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

好景気に沸いていると思います。

フェガール・キャンベル氏、Pitchbooking、創業者

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

当社が強いのは、サイバーセキュリティ、SaaS、スポーツテックです。アーリーステージのさまざまなテック企業に投資しているときが最もワクワクします。プレシードレベルおよびシードレベルの企業がここ2、3年で急増しています。スケールアップ投資は弱いと思います。地元のスケールアップ企業が相対的に少ない状態です。米国本拠の企業からの大量の海外直接投資が流入してきています。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

スポーツテック分野では、teamfeepay.comが急成長しています。loyalBeはシードステージのフィンテック企業で、小売ロイヤルティプログラムを再発明するための壮大な計画を立てており、当社も常に注目しています。メドテックの中心的企業であるAxial3DやNeurovalensなどのレイターステージ企業もすばらしいビジネスを展開しています。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

ベルファストには、エンジェル投資家と機関投資家が混在しています。彼らが注力している特定の業界を挙げるのは難しいですが、地元の大学が注目されていることもあって、いくつか強い分野があります。メドテックとサイバーセキュリティは、スタートアップシーンで特に目立つ存在です。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

ベルファストは、英国の他の地域と比較して生活費が安いため、大都市からベルファストへ移転してくるスタートアップが増えることになるでしょう。アーリーステージスタートアップの支援策もこのスタートアップの流入に一役買っています。また、ベルファストの街も、いつでもハイブリッド的な働き方に移行する準備ができています。街の中心部は徒歩15分で横断できるほどの広さですので、都市の中心部のオフィスにも気軽に立ち寄ることができます。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Invest NI:政府の支援機関。

Ignite NI:シードステージのアクセラレータープログラム。

UlsterBank Accelerator:アーリーステージのアクセラレータープログラム。

Aurient Investments:多様な投資ポートフォリオを持つエンジェル投資グループ。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

2017年~2020年の期間に創業した最強のシード企業がテックシーンで確固たる地位を築き、FDI(海外直接投資)企業の流入にも対抗できる存在になっていると思います。

ジャック・スパルゴー氏、Gratsi、共同創業者兼CEO

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

強い分野:フィンテック、アグリテック、ホスピタリティテック、新興テック。

最もワクワクすること:支援(ファイナンス、メンタリングなど)が受けられること、起業と成長のコストが安いこと。

弱い点:英国やEU諸国から地理的に離れていること。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

loyalBe、Konvi、Lane 44です。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

Ignite NI、Catalyst、Techstart、Ormeau Bathsなどのアクセラレーターによって起業支援が強化されています。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

ベルファストに入ってくる人たちが増えると思います。生活費が安く、リモートワークへの移行準備も整っているからです。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Ignite NIのChris McClelland(クリス・マクレランド)氏とIan Browne(イーアン・ブラウン)氏、  anthemisのMark Dowds(マーク・ダウズ)氏、loyalBeのCormac Quinn(コーミック・クイン)氏。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

英国とEUのテックハブとして確固とした地位を築いていると思います。

ブレンダン・ディグニー氏、Machine Eye Technology、創業者

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

アグリテックと建設テックは、とりわけアイルランドと北アイルランドで大きな潜在性を有する分野です。これらの分野では、AIとデータを活用することによって、従来の強みと機会をさらに強化できます。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

Kairos Sports Tech、Budibase、Incisiv、Automated Intelligenceです。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

相互につながりのある、またInvest NIとつながりのある多くのVC / ファンドがあります。Invest NIは強力な支援機関であり資金提供者です。Catalystはおそらくシステム全体で最も価値のある非営利支援機関です。投資対象は、ソフトウェアとライフサイエンスが中心ですが、他の分野にも広く投資されています。海外企業と国内企業の両方に注力しています。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

人々は都市部から車で1時間以内の農村地域へ移転すると思います。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Catalyst、Ormeau Baths、Raise Venturesです。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

テックシーンは急成長を遂げ、レイターステージに入る起業が増えると思います。

トーヤ・ワーノック氏、Lane 44、共同創業者

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

ベルファストは、すばらしいビジネスチャンスと投資機会のハブとして成長しています。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

Gratsi、54 North Design、Animal Managerです。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

SaaSです。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

ベルファストの生活費は安いため、多くの人たちが入ってくると思います。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Ormeau Bathsです。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

急成長していると思います。ベルファストは今、ジェントリフィケーションの時期を経験しています。

TechCrunchのグローバルStartup Battlefieldコンペに参加すべき企業を挙げていただけますか。

Lane 44、Animal Manager、Gratsiです。

アラン・カールソン氏、Cloudsmith、CEO

貴社のテックエコシステムの中で特に強い分野を教えてください。どんなことに対して最もワクワクしますか。逆に、欠けていることは何ですか。

強い分野は、セキュリティ、フィンテック、メドテックです。開発ツールにはワクワクします。

ベルファストで最も興味深いスタートアップを挙げてください。

CloudsmithとAxial3Dです。

ベルファストのテック関連投資家の特徴を教えてください。投資家が注目するポイントは何ですか。

投資家環境の規模は小さいものの、野心のある創業者がいます。人気のある投資対象分野は、メドテックとセキュリティでしょうか。

リモートワークへの移行が進む中、人々はベルファストに留まると思いますか。それともベルファストから出ていくのでしょうか。逆に、ベルファストに入ってくる人もいると思いますか。

わかりません。どちらもある程度増えるのではないでしょうか。

ベルファストのスタートアップ業界の重要人物(投資家、創業者、弁護士、デザイナーなど)を挙げていただけますか。

Techstart Ventures、Ignite NI、Catalyst、Clarendon Co-Fund、Denis Murphy(デニス・マーフィ)氏、Colm McGoldrick(コルム・マクゴールドリック)氏、Alastair Bell(アラステアー・ベル)氏。

5年後、ベルファストのテック関連業界はどうなっていると思いますか。

規模も質もかつてないレベルになっていると思います。

TechCrunchのグローバルStartup Battlefieldコンペに参加すべき企業を挙げていただけますか。

VideoFirstです。

関連記事
【インタビュー】スタートアップハブとして急成長中のオースティンの展望について地元VC6社に聞く
オスロのVC6社に聞く2021年のスタートアップ界の近況と展望
チェコのベンチャー投資家8人に聞く、景気回復の兆しと2021年の投資見通し

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:ベルファスト北アイルランドブレグジットインタビュー

画像クレジット:benkrut / Getty Images

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Dragonfly)