GovTech
日本(国・地域)
kintone
cybozu

杉並区が児童虐待対応の強化のためサイボウズ「kintone」を導入し区立保育園37園と児童出欠状況の情報共有

次の記事

ミレニアル世代が熱狂?NFTを使ったコレクターズアイテムへの投資が今アツいワケ

サイボウズは6月14日、児童虐待対応の強化を目的に、保育園をはじめ子どもが属する関係機関との情報共有ツールとして「kintone」(キントーン)の利用を杉並区が開始したと発表した。6月より区立保育園(37園)と児童出欠状況の情報共有を開始し、その後、私立保育園、幼稚園、学校などの関係機関との情報共有での活用を進める。

近年、児童虐待はたびたび問題視されており、自治体での対策強化が求められている。また新型コロナウイルス感染症の影響で学校が休止になる事態も発生し、児童の出欠状況の確認をより頻繁に行う必要があるという。杉並区では、出欠状況について保育園や学校が表計算ソフトやメールを利用し月に1回提出していたが、毎月約100通のメールが届くことになるため、正確な情報把握と集計作業には時間を要していたという。

今回杉並区はkintoneを採用したことで、保育園・学校等からの連絡をタイムリーに行い、対応すべき児童と傾向を的確に把握可能になったとしている。また6月から区立保育園(37園)と児童出欠状況の情報共有を開始し、その後、私立保育園、幼稚園、学校などの関係機関との情報共有での活用を進める。

今後のkintoneの利用用途としては、食を通じ子どもの定期的な状況把握とその状況を迅速・的確に共有するといった見守り事業の強化があるという。また、児童虐待未然防止の取り組みを推進する各種事業において、庁内および関係機関と迅速かつ的確に要保護・要支援家庭の情報を共有し、効率的・効果的に事業を推進するため、活用を検討していくとしている。

kintoneは、サイボウズが提供する業務アプリ開発プラットフォーム。事業の進捗を可視化するプロジェクト管理、空き家やふるさと納税返礼品などのデータベース、地域包括ケアシステムにおける関係機関との情報共有、避難所との情報共有などの災害対策など、顧客の用途に合わせた業務アプリの作成がノンプログラミングで可能となる。また、SNSや外部サービスと連携することで行政サービスの利便性向上を図れるとしている。

関連記事
奨学金・出産・子育てに関する助成費や保険など公共制度の認知や手続きを簡素化する「Civichat」が1500万円調達
石川県加賀市が日本初のe-Residency(電子市民)プログラム「e-加賀市民制度」を提供へ
サイボウズがcybozu.comでクラウド事業に参入、新たな業務アプリケーションのkintoneも提供

カテゴリー:GovTech
タグ:kintonecybozu日本(国・地域)