VC / エンジェル
ヨーロッパ / 欧州(国・地域)
Google / グーグル(企業)

グーグルが総額2億2000万円の黒人ファウンダー基金を欧州のスタートアップ30社に分配

次の記事

欧州人権裁判所は「大規模なデジタル通信の傍受には有効なプライバシー保護手段が必要」と強調

Google(グーグル)は、ヨーロッパのスタートアップ企業から、総額200 万ドル(約2億2000万円)の黒人ファウンダー基金の対象となる30社を決定した。これらの企業は現金とGoogle関係者とのネットワークを獲得し、Googleの価値のあるクラウドサービスを利用できることになる。

2020年秋に発表されたこの基金は、助成金や新たなスポンサーシップと並んで「すべての人にとってより公平な未来を築く」ための全社的な取り組みの一環として行われたものだ。800社以上の企業が応募し、Googleはそのうちの100社と面接を行い、最終的に米国時間6月3日発表された30社に絞られた

各企業には、最大10万ドル(約1100万円)の株式の希薄化を伴わない資金と、最大12万ドル(約1300万円)の広告助成金および10万ドル(約1100万円)のクラウド利用のクレジットが提供される(この資金がどのように分配されたのか、全額を受け取った企業があるのかどうかについて、Googleに詳細を問い合わせている。回答があれば記事を更新する)。

また、Googleの起業家ネットワークや技術サポートなど、数字には現れない資産も利用できるようになる。

そのうちの1人は、LINEDOCK(ラインドック) の共同設立者であるNancy de Fays(ナンシー・デ・フェイズ)である。LINEDOCKは、MacBook Pro用のクールなバッテリーとハブを組み合わせたガジェットを販売。このガジェットでたくさんのポートとバッテリーが追加され、見た目もスマートだ。展示会で彼女と話していると、多くのことを学ぶことができる。残念ながら筆者はほとんどの仕事をデスクトップで行っており、LINEDOCKのガジェットを使う機会がない。

黒人ファウンダー基金に選ばれたことを受けて、デ・フェイ氏はブログで、企業は社会変革のために力を尽くすべきであり、スタートアップ企業は多様性と公平性をリードしていかなければならない、と主張する。

私たちは、製品よりも価値や基準で選んで購入します。私たちは現実よりも理想の人生を購入します。大企業の発信力と、ブランドの価値やメッセージに対する消費者の受容性という2つのパラメータを方程式に入れると、このような社会変革を推進するためには、大企業が強いメッセージを発し、伝えていくべきだと私は思います。

創業者は、二次受傷に陥らずに多様性のあるチームを作る必要があります。共感と敬意を示し、最高の人材を採用しなければなりません。創業者は、自分たちの価値観を率直に語り、強力でグローバルな考え方を伝え、それを中心に組織を構築する必要があります。そして、その過程で多様性スコアが低いことに気づいたら、その理由を自問自答し、慈善事業ではなく行動に移すべきなのです。

最近よく聞く「企業はミッションに集中し、客観的であるべき」とは対極にある考え方だ。

Googleが支援する他の29社は以下のとおりだ(説明は各社のブログ記事から引用)。

Googleのスタートアッププログラムの詳細はこちら。続報をお楽しみに!

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:Googleヨーロッパ

画像クレジット:Google

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:Dragonfly)