Nixieのドローンを使った水質検査は都市行政の時間と費用を節約する

次の記事

Snapが動画で使える音楽の拡充でユニバーサルミュージックと提携

水路や貯水池の定期点検は、水道を提供する公益企業や行政にとって終わりなき務めだが、そのためには当然、ボートや防水長靴が必要だ。Nixieはその仕事をドローンにやらせて、より速く、安くそして人間があまり水で濡れないようにする。

水源を点検する方法が昔からあまり変わらないのは、それが簡単で有効だからであり、他の方法がないからでもある。川の中へ入って1リットルの水を採取してくれるソフトウェアやウェブサイトは、どこにもない。

しかしプロフェッショナルで頑丈な産業用ドローンの登場とともに、状況は変わった。Nixieはドローンの応用開発メーカーであるReign Makerのプロダクトで、使用するアームをカスタムすることで標本採取用としても、各種現場用センサーとしても利用できる。

標本採取では主に下の写真のような長いアームを使用し、その先端の施錠できるケージに標本容器を収める。そこに空の容器を入れたらドローンを採取現場まで飛ばし、アームが水面下になるように降下するする。ドローンが戻ってきたらホバリング状態で容器を取り出し、新しい容器と交換して次の採取地へ飛ばす。交換作業は最大風速8m/sまで可能、標本を採取は水流が5ノット以下の状況であれば行うことができる。

画像クレジット:Reign Maker

複数の場所で迅速なサンプリングを行えるが、ドローンの最大稼働時間は約20分間であり、天候や場所にもよるが2〜4回の採取が限度だろう。もちろんバッテリーを交換して、次の任務に飛ばしてもいい。

Reign Makerが挙げるニューヨーク水道局の使用事例では、水質標本の採取をボートなどの方法で行なうと1日で得られる標本数が30で、費用(人件費、ボートの燃料など)は1標本あたり100ドル(約1万1000円)だった。複数の作業員がNixieを使用すると、1日に得られる標本数は平均120で、1標本あたりの費用は10ドル(約1100円)だった。確かにニューヨークはすべての物価が高い都市だが、それでもなお、両者の差は大きい。水をすくうためのジッパーは、ドローンの標準装備ではないので850ドル(約9万4000円)で購入することになる。

ただし現在のところ自動操縦ではないのでパイロットの視界線を飛ぶだけだが、その方が規制とその要求も単純だ。これまでボートとそのクルーおよび少量の燃料を要した場所を、2人のチームとわずかな交換バッテリーがあればサンプルを収集できる。使用しているドローンは、DJIのM600とM300 RTKだ。

画像クレジット:Reign Maker

ドローンを使用すると、それぞれの標本のGPSによる正確な位置情報を得ることもできる。また、ボートを使うとどうしてもあたりの水(表層水)を動かしてしまうが、ドローンはホバリングしているだけなので標本にノイズがほぼ混入しない。将来、Nixieのサンプリングがもっと「スマート」になれば、複数のセンサーを搭載して、その場で水質検査ができるだろう。水温やpH、有害有機物、各種の化学物質などの検査が即座に可能だ。試料をいちいち持ち帰る必要がないため検査過程が非常に簡単になる。

現在、Reign Makerは、ニューヨーク市の環境保護局の仕事を行っており、他の部署からの引き合いもある。若干の初期投資と訓練や慣れが必要だが、そんなことよりも速くて安上がりな検査の魅力の方が大きい。

今後、同社の構想の中には、いかにも今風に水質検査とその広域マッピングをSaaSで提供することがある。しかもそのマップは、リアルタイムで自動的に更新される。今はまだ議題にも上がっていないが、もし2〜3の都市で実現したら市民にとって、とても魅力的な行政サービスになるだろう。

関連記事
Oculus創業者が起ち上げたAI防衛企業Andurilの評価額が約5000億円超に
空中親機ドローンと子機水中ドローンを合体させた世界初の「水空合体ドローン」が開発、2022年度の商用化目指す
ソニーがドローン「Airpeak S1」を9月発売、ミラーレスα搭載や映像制作向け飛行プラン作成も可能

カテゴリー:ドローン
タグ:Reign Maker公益事業

画像クレジット:Reign Maker

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:Hiroshi Iwatani)