スウェーデンのゲーム大手MTGがインドのゲームスタジオPlaySimpleを約400億円で買収

次の記事

パリ裁判所がAirbnbに違法掲載で10.7億円の罰金

スウェーデンのゲーム大手Modern Times Group(MTG)がインドのスタートアップPlaySimple(プレイシンプル)を3億6000万ドル(約400億円)で買収した。両社が現地時間7月2日明らかにした。

MTGはPlaySimpleに買収代金の77%を現金で、残りを株式で支払う。非公開の特定パフォーマンスメトリクスが向上した場合のために、買収額とは別に1億5000万ドル(約167億円)の報酬も用意されている、と両社は述べた。

この買収取引はインドのスタートアップ界で最大のエグジットの1つとなる。PlaySimpleは2016年のシリーズAで約1600万ドル(約18億円)の評価額でElevation CapitalとChiratae Venturesから400万ドル(約4億円)を調達した(PlaySimpleはベンガルールで創業され、外部投資家から計450万ドル、約5億円を調達した)。

買収の理由は明らかだ。「Daily Themed Crossword」「Word Trip」「Word Jam」「Word Wars」など9つの言葉ゲームを展開しているPlaySimpleの売上高は2020年、前年比144%増の8300万ドル(約92億円)に達し、2021年の上半期は売上高6000万ドル(約67億円)超と順調だ。

2016年のシリーズA後のPlaySimpleのキャップテーブル

「これまでに制作したゲーム、そしてチームとともに成し遂げたそのインフラや規模を誇りに思っています」とPlaySimpleの共同創業者で経営陣のSiddhanth Jain(シッダンス・ジャイン)氏、Suraj Nalin(スラージ・ナリン)氏、Preeti Reddy(プリーティ・レディ)氏は共同声明で述べた。

「MTGの仲間に加わるにあたり、当社独自のテクノロジーをMTGのポートフォリオにあるゲームで駆使し、欧州マーケットに進出し、そして最先端のテクノロジーに投資してエキサイティングな新しいゲームを制作することを楽しみにしています」。

PlaySimpleの無料で遊べるゲームは7500万回超ダウンロードされ、約200万人のデイリーアクティブユーザーを維持している、とPlaySimpleは話す。同社は2021年後半に数多くのゲームをリリースする計画で、またカードゲーム分野にも手を広げる。

「PlaySimpleは急成長中で、極めて収益性の高いゲームスタジオです。MTGにとってはエキサイティングな新規分野である無料の言葉ゲームにおいて、世界トップのデベロッパーの1社としての地位をあっという間に確立しました」とMTGの会長兼CEOのMaria Redin氏は声明で述べた。

ここ数四半期でHutchとNinja Kiwiも買収しているストックホルム拠点のMTGは、PlaySimpleが多様なゲーム分野を構築するのをサポートすると話した。「(MTGの子会社の)GamingCoの事業を拡大して多様化させることは営業成績を加速させるのに役立ち、と同時に安定したビジネスを築くのにも貢献します」と述べた。

関連記事
「東京クロノス」などオリジナルIPのVRゲーム開発を手がけるMyDearestが9億円調達
日本版「ファンタジースポーツ」の普及を目指すスポーツ観戦視聴体験向上サービス「なんでもドラフト」が1.7億円を調達
最も理想に近い「ポータブルXbox」をiPhoneとゲームパッドBackbone Oneの組み合わせで実現

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Modern Times Group買収スウェーデンインド

画像クレジット:PlaySimple / MTG

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Nariko Mizoguchi