何度でも作り直して遊べる&プログラミングできる組み立て式ロボット「ユカイなパチパチブロックキット」が8月5日発売

次の記事

【コラム】SPACブームは止まるところを知らず、消費者向けテクノロジーに変化をもたらしている

「ロボティクスで、世界をユカイに」と数々のロボットやIoT製品を展開しているユカイ工学は7月5日、組み立てブロック式で何度でも繰り返しロボット作りが楽しめる「ユカイなパチパチブロックキット」を2021年8月5日から発売すると発表した。直販価格は9900円(税込)。これにともない、先行予約の受付を開始した。予約期間は、8月4日23時59分まで(在庫数上限に達し次第予約受付を終了)。発送は8月5日予定。

何度でも作り直して遊べる&ビジュアルプログラミングできる組み立て式ロボット「愉快なパチパチブロックキット」が8月5日発売

何度でも作り直して遊べる&ビジュアルプログラミングできる組み立て式ロボット「愉快なパチパチブロックキット」が8月5日発売ユカイ工学は、子どもから楽しめるロボット作りやプログラミング環境を提供する「Kurikit」(クリキット)シリーズを展開している。たとえば、モーターとストローを組み合わせて自由に動く工作ができる「ユカイなぼうけんクラフトキット」や、モーターと結束バンドで自由にロボットが作れる「ユカイな生きものロボットキット」、そしてその拡張キットであり、プログラミングで自分のロボットをコントロールできるようになる「ココロキット」などがある。

Kurikitは、NHKエンタープライズと科学技術館からなる小学生ロボコン実行委員会主催の「小学生ロボコン」で、2020年から公式キットとして採用されるなど、数多くの体験教室、イベント、コンテスト、さらに女子美術大学の特別授業「かわいいロボット開発プロジェクト」などで広く利用されているが、ユカイ工学のエンジニア和田義久氏は、自由すぎて何を作ってよいのか戸惑うとの声をワークショップなどで聞いていた。

そこで和田氏は、自身も大好きだった組み立てブロックで遊ぶ体験も、創造力を育むのに大事だと思いつき「ユカイなパチパチブロックキット」の開発に至ったという。

ユカイなパチパチブロックキットは、道具を使わずに組み立てられる。組み立てるとすぐに動かして遊べ、ビジュアルプログラミングによる制御も可能となる。最初にプログラミングしなくてもすぐに動かせる一方で、プログラミングの入門にも適している。様々なプログラミングや応用方法も提供予定で、レベルや年齢に応じてステップアップ可能という。

また「有名なブロックトイと組み合わせも可能です」とのこと。これは、下の動画をご覧いただきたい。

「ユカイなパチパチブロックキット」には以下のものが含まれている。

「ユカイなパチパチブロックキット」内容物

  • コアユニット×1
  • 回転モーター×2
  • 角度モーター×1
  • センサースイッチ×1
  • 丸フレーム×2
  • L字フレーム×2
  • 直線フレーム(長)×2
  • 直線フレーム(短)×2
  • 丸ピン×10
  • 十字ピン×10
  • 輪ゴム×4
  • 目玉シール×2
  • 取扱説明書×1

「ユカイなパチパチブロックキット」仕様

  • コアユニット:サイズW48×D28×H78mm、重量50g(電源を含まず)
  • 電源:単四乾電池3本 DC 4.5V(電池は付属していない)
  • 通信規格: Bluetooth low Energy
  • LED:電源LED、フルカラーLED
  • モーターポート:4ポート
  • 対応モーター:PWM制御方式サーボモーター
  • 入力ポート:2ポート(センサースイッチのみ)

またユカイ工学では、「ユカイなパチパチブロックキット」の発売に先駆け、学習塾、自治体、教育機関に貸し出す先行体験の希望者を募集している。

募集要項

  • 対象者:学習塾、自治体、教育機関
  • 募集期間:2021年7月1日〜16日
  • レンタル期間:2週間
  • レンタルキット上限数:10セット(貸し出しの体験キットは1セット)
  • 費用:無償
  • 条件:レンタル終了後、ウェブ会議などで感想を話せること

何度でも作り直して遊べる&ビジュアルプログラミングできる組み立て式ロボット「愉快なパチパチブロックキット」が8月5日発売

【お詫びと訂正 2021年8月14日23時30分】初出時、記事タイトルにおいて「ユカイなパチパチブロックキット」の製品名を誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

関連記事
ソニーのIoTブロック「MESH」が教育現場の要望に応えChrome OS・Chromebookに対応
Switchでプログラミングを学んでゲームを作れる、「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」発表
子ども向けSTEM教材開発のワンダーラボが資金調達、累計調達額3.1億円に到達
9000円の小さなしっぽロボットPetit Qooboが12月19日発売

カテゴリー:EdTech
タグ:STEM教育(用語)プログラミング(用語)ユカイ工学(企業)日本(国・地域)