アマゾンが米国で自社ブランドのコロナ検査キットの販売を開始、価格は約4400円

次の記事

アマゾンのベゾス氏が退任、新CEOにAWSトップのアンディ・ジャシーが就任

米国時間7月6日、Amazon(アマゾン)は米国で自社ブランドの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)在宅検査キットの販売を開始すると発表した。検査キットは米国の利用者を対象にAmazon.comのウェブサイトで販売され、処方箋なしで購入できる。価格は39.99ドル(約4400円)。この新型コロナウイルスPCR検査キットはAmazonプライムで顧客の自宅に配送され、鼻腔を綿棒で拭う検査に必要なものがすべてセットになっている。利用者は綿棒を回収容器に入れ、キットに同梱の箱で返送する。Amazonは、検査機関で検体を受け取ってから24時間以内で結果を通知できるとしている。

検体はAmazon社内の検査機関で処理される。この検査機関は、同社が現場で勤務する従業員向けに社内COVID-19検査プログラムの一環として設けたものだ。同社はこれまでに米国と英国の検査機関で、従業員のうち75万人以上を対象に数百万回の検査を処理したと述べている。今回発売する新しい在宅検査キットで、同社は米国の検査機関の処理能力を顧客に拡大する。

Amazonによれば、検査は正確性に優れるRT-PCRという手法を用いているため、検査機関で処理をする時間が必要だという。このキットは米国食品医薬品局の緊急使用許可(EUA)を受けている。

画像クレジット:Amazon

Amazon.comの販売ページによれば、このキットには綿棒、生理食塩水の入った回収容器、吸水剤付きのビニール袋、返送用ラベルが貼られた箱が同梱されている。返送にはUPSが使われ、顧客の追加費用負担はない。検体はCAP(米国病理学会)認定とCLIA(臨床検査室改善法)認証を受けたケンタッキー州ヘブロンにあるAmazonの検査機関に送られる。

キットには、AmazonのセキュアなウェブサイトであるAmazonDx.comで検査結果を確認する方法の説明と検査の証明に必要な書類へのアクセスも含まれている。Amazonは、この検査はハワイを除く米国内、および米国から多くの海外諸国へ旅行する際に求められる要件を満たすとしている。このキットは米国医療費免税制度のFSAとHSAの対象となる。

Amazonで新型コロナウイルス検査業務を担当するバイスプレジデントのCem Sibay(ジェム・シバイ)氏は「ワクチン接種が進んではいますが、手頃な価格で信頼できる検査は感染拡大と戦うために依然として欠かせません。Amazonの検査キットは必要に応じていつでもどこでも新型コロナウイルスの検査を受けられるもので、お客様がAmazon.comに期待する利便性を提供します。この検査キットは極めて正確に短時間で結果が得られ、お客様は自信を持って安全に旅行や仕事、学校、日常生活に戻れるようになります」と述べている。

関連記事
AIやバイオマーカーで患者のモニタリングと医療研究を進めるHuma、日立ベンチャーズなどが支援し142億円調達
グーグルのアップデートで新型コロナワクチン接種記録と検査結果をAndroid端末に保存
EUが新型コロナ「デジタル証明書」を本格運用、ワクチン接種や検査陰性を証明

カテゴリー:ヘルステック
タグ:Amazonアメリカ新型コロナウイルス

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)