Robloxがソニーミュージックと提携、アーティストとメタバースでの収益活動を結びつける

次の記事

任天堂が月額約5500円(3500年間)の賠償金を払わない海賊版ROMサイトに対して新たな訴訟

ビデオゲームプラットフォームのRoblox(ロブロックス)は、米国7月6日朝、Sony Music Entertainment(ソニー・ミュージックエンタテインメント、SME)と提携したことを発表した。この提携により、両社はRobloxコミュニティのための音楽体験を共同で創出し、ソニーミュージックのアーティストが新たなオーディエンスにリーチして収益を上げる方法を提供することになる。

今回の発表は、2021年6月に音楽出版社のグループが、Robloxがクリエイターにゲーム内でバーチャルブームボックスを作ることを許し、それらがアーティストの許可や支払いなしに著作権のある音楽をストリーミングしていたと主張し、2億ドル(約221億円)の訴訟を起こした後でのことだ。

訴訟に含まれていた音楽出版社は、Universal Music Publishing(ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング)、Big Machine Records、Concord Music Group、Downtown Music Publishing、Kobalt Music Group、Hipgnosis Songs Fundなどだ。Robloxはこの訴訟に対し「Robloxプラットフォームの運営方法に関する根本的な誤解」を表しているとして「驚き、失望した」と述べていた

Robloxは、同社は著作権侵害を容認しておらず、フィルタリング技術を用いて不正な楽曲を禁止していると主張している。また、デジタルミレニアム著作権法(DMCA、Digital Millennium Copyright Act)に基づく正当なテイクダウン要求に対しては、侵害コンテンツを削除することで対応していると同社は述べた。

しかし、今回のソニーミュージックとの契約は、Robloxが音楽会社とより公式な立場で提携することの価値を認識していることを示している。

Robloxは、ソニーミュージックのアーティストやそのファンに対してどのような「商業活動」を考えているのか詳細は明らかにしなかったが、同社は過去には、2020年11月のLil Nas X(リル・ナズ・X)による初のバーチャルコンサートや、2021年5月のZara Larsson(ザラ・ラーソン)ローンチパーティーのバーチャルイベントなどで、音楽会社と協力していた。そのコンサートには3600万人以上のプレイヤーが参加し、ローンチパーティーには400万以上のアクセスがあり、これまでのRobloxのローンチパーティーの中で最高のアクセス数を記録した。

関連記事:Robloxがリル・ナズ・Xを迎えて初のバーチャルコンサートを開催

Robloxのプラットフォームでは一般的に、アーティストはバーチャルコンサート、グッズ販売、その他の統合されたゲーム内アクティビティなど、さまざまな活動を通じてファンにリーチできる。ただし今回の契約には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアーティストの音楽へのアクセスは含まれていないとのこと。

SMEのグローバルデジタルビジネスおよび米国セールス担当プレジデントのDennis Kooker(デニス・クーカー)氏は、声明の中で次のように述べた。「ソニーミュージックのアーティストは、Lil Nas Xがプラットフォーム上で行った業界初のバーチャルパフォーマンスや、Zara Larssonによる最近のリスニングパーティーイベントのような先進的な取り組みを行い、Robloxの巨大なユーザーコミュニティにいる何百万人もの音楽ファンを魅了してきました。今回の新たな契約により、Robloxチームとの成功しているパートナーシップを拡大し、音楽とゲームの接点における商業機会をさらに広げていきたいと思います。没入型のオンライン環境は、バーチャルコミュニティを利用して音楽体験を共有したいと考えている多くのファンにリーチするための重要な機会となります」。

この契約は、Robloxのユーザー層の年齢が上がってきている中で成立した。同社は2021年第1四半期の決算において、13歳以上のユーザーのエンゲージメントが128%増加したことを報告している。この年齢層は、若者にとって音楽が生活の中でより重要な役割を果たし、好きなアーティストとより直接的につながりたいと考える時期だ。また、同じ四半期にDAU(デイリーアクティブユーザー数)は79%増の4210万人に達し、売上高は140%増の3億8700万ドル(約428億円)となった。

RobloxのVP兼音楽部門グローバルヘッドのJon Vlassopulos(ジョン・ヴラソプロス)氏はこう述べた。「ソニーミュージックはすばらしいパートナーであり、両社の関係がさらに深まり、長くなることをうれしく思います。SMEはメタバースがアーティストにもたらす巨大な機会を真に理解しており、当社はアーティストたちがRobloxで新たなクリエイティブそして商業的な機会を得られるよう支援することを約束します」。

Robloxが音楽レーベルと提携するのは、これが初めてではない。2021年6月、RobloxはBMGとの同様の契約を発表したが、これも将来的なコラボレーションとアーティストやソングライターの収益を上げる機会に焦点を当てたものだった。

関連記事
グッチがRobloxとの新パートナーシップで2週間限定の仮想空間とデジタルアイテムを提供
Robloxは開発者向けアクセラレーター講座で同社プラットフォームの新たな可能性を引き出す
TikTokがソニー・ミュージックと新たなライセンス契約を締結、マイケル・ジャクソンも対象に

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Robloxソニーミュージックアーティストメタバース

画像クレジット:

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Aya Nakazato)