プライバシー重視の風潮に乗りユーザーの「同意」を管理するDidomiが好調

次の記事

ランサムウェアの問題を可視化するクラウドソースの身代金支払い追跡サイト「Ransomwhere」

フランスのDidomiは、ウェブのパブリッシャーやアプリの開発者に代わって同意のフロー(コンセントフロー)を管理する。同社はこのほど、ElephantとBreegaがリードするシリーズBのラウンドで4000万ドル(約44億円)を調達した。Didomiはヨーロッパではすでに好調で、毎月数十億件もの、同意のための対話を処理している。同社は今回得られた資金により、米国進出を計画している。

Didomiの共同創業者でCEOのRomain Gauthier(ロメイン・ゴティエ)氏が、声明で「Jawad(ジャワド)とRaphaël(ラファエル)と僕は、プライバシーを誰にとっても簡単なものにし、それが企業にとって自明の選択になるためにDidomiをつくりました。今回の資金調達は、このミッションを達成する旅路の重要な節目です」と述べている。

「私たちはブランドやパブリッシャーが顧客のウェブ上の歩みをもっと透明化し、気持ちの良い同意過程と選好管理の体験を通じて、もっと信頼性のあるウェブ閲覧行為にしていくよう、サポートしていきたい」と彼は言っている。

近年では、多くの規制当局が、プライバシーを重視するフレームワークを実装している。たとえばヨーロッパのGDPRは、その例の1つだ。明示的な規制はなくても、そんな変化の影響が及んでいる国々は少なくないから、あなたの国でも画面にユーザーの同意を得るための「意思確認ポップアップ」やバナーが、いろいろなサイトで出るかもしれない。

そんなポップアップが「気持ち良い」というつもりはないし、個人データを集めないからそんなものが出ないサイトがベストだが、それができないサイトもある。どうしてもデータを集めたいサイト。私たちTechCrunchも、そんなサイトの1つだ。

そしてそんな場合には、Didomiのようなプロダクトが役に立つ。いい加減な実装をして、後で罰金をくらうよりは、コンセントフローをもっと真剣に捉えて重視した方が良い。Didomiは開発者向けの同意プラットフォーム(コンセントプラットフォーム)であり、さまざまなデバイスで使える。デスクトップのウェブサイトでもモバイルのウェブサイトやアプリでも、あるいはコネクテッドTVでも、それらに合わせたコンセントフローの構成ができる。

そうやってコンセントフローが一本化されているため、いろいろなところで何度も何度も同意を求めなくてもよい。Didomiはユーザーの選好を保存し、複数のデバイスにわたって同期する。どうやって同意を集めているか、お役所が知りたくなったら、そのやり方の全貌と詳細を単純に提示できる。

今回得られた資金で、同社はオープンなAPIとオープンソースのSDKを開発し、さらにデベロッパーフレンドリーにしたいと考えている。Didomiのコンセントフロー管理サービスには有料プランもあるため、誰もが自由に使えるとは言えないが、現在ではRakutenやOrange、Giphy、Weight Watchers Internationalなどもユーザーとなっている。

同社は、もっと多様な市場を開拓するために、マーケティングと営業を充実したいと考えている。Didomiは今後、ドイツとスペインと米国にオフィスを置くつもりだ。

しかしそれと同時に、状況は急速に変わりつつある。ウェブブラウザは徐々にサードパーティのトラッカー(ユーザー追跡)をブロックしつつあるし、Apple(アップル)はオペレーティングシステムのレベルで、アプリがあなたを追跡してもよいか、と尋ねる。ユーザーが予想するアプリやサイトの態度が、このように変わっていくとき、それにDidomiはどう対応して進化できるだろうか。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Didomi資金調達プライバシー

画像クレジット:Didomi

原文へ

(文:Romain Dillet、翻訳:Hiroshi Iwatani)