ヴァージン・ギャラクティックとブランソン氏は宇宙への乗客初打ち上げを祝う

次の記事

入門ロボット「mBot」でプログラミングが学べる小中学生向け「mBotスタートガイドセット」が発売

Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)は、億万長者である創業者のRichard Branson(リチャード・ブランソン)氏を含む最初の乗客を宇宙に運ぶことに成功した。ニューメキシコ州のスペースポート・アメリカで開催されたイベントでは、ブランソン氏とクルーによる早朝のハリッドセットやヒーローウォークなどが行われ、報道関係者や従業員にとってちょっとした運動会となった。

「想像してみてくださいあらゆる年齢、あらゆるバックグラウンド、あらゆる性別、あらゆる民族の人々が宇宙に平等にアクセスできる世界を。新しい宇宙時代の幕開けにようこそ!」と着陸後、ブランソン氏は語る。

もちろん、この発言は時期尚早なものであり、そのような世界が訪れるのはまだ先のことだが、今回の打ち上げが、始まったばかりの宇宙旅行産業にとって歴史的な瞬間であることは間違いない。現在のところ、搭乗者はまだエリート階級となるが、この日の出来事は、その変化かつてないほど近づいていることを示している。

スペースポートへのシャトルは現地時間午前2時45分に、近くのラスクルーセスから出発したが、この日のイベントは遅れて始まった。一晩中、雷雨に見舞われたため、濡れてはいけない宇宙船を展開することができなかったのだ。

画像クレジット:Devin Coldewey / TechCrunch

やがて日が昇り、大勢の人々が集まってきた。VIP、従業員、地元の学生たち、そしてブランソン氏自身のゲストリスト(約150人と言われている)。Elon Musk(イーロン・マスク)氏も現れたが、おそらく宇宙飛行士仲間である億万長者から億万長者への個人的なお祝いのためだろう。

現地時間8時30分、VMS Eveのエンジンが始動した。VMS Eveは、ブランソン氏がヴァージン・ギャラクティックのBeth Moses(ベス・モーゼス)氏(2回目の飛行)、Sirisha Bandla(シリシャ・バンドラ)氏、そしてColin Bennett(コリン・ベネット)氏とともに宇宙の端まで乗るロケット動力の宇宙船VSS Unityを運ぶ「母船」だ。

VMS Eveが離陸(画像クレジット:Virgin Galactic)

VMS Eveは8時40分に車輪を上げて地上で待機し始め、約3万6000フィートまで上昇。VSS Unityは9時24分頃に切り離され、ロケットでの上昇を開始し、マッハ3に達した後、2分後には予定どおり、ピーク高度約28万2000フィート(約53マイル、約86km)に達した。

乗組員と乗客は1~2分間の微小重力を楽しみ、それを有効に活用したようだ。

画像クレジット:Virgin Galactic

ブランソン氏が予定していた空中でのスピーチは、信号が途切れ途切れになったために不可能となったが、機体自体はより信頼性が高く、9時38分に着陸した。

ブランソン氏は、Khalid(カリード)氏による短いコンサートに続いてステージに登場した。「暑いですね、すいません」と始まった話は、すぐに感動的なものになった。「子どもの頃からこの瞬間を夢見てきましたが、宇宙から見る地球の景色に対して何の準備もできませんでした。私たちは新たな宇宙時代の先頭に立っています」。

その後の記者会見では、ブランソン氏が小学生からの質問に答えたり、クルーが宇宙からの眺めや惑星を見たかどうかを説明した(パイロットが「降下中に振り払ったエイリアンを見ただけだ」というと、私が見た限り1人の子どもはそれを信じていた)。

宇宙への長い道のり

ヴァージン・ギャラクティック宇宙飛行システムに向かう同社のパイロットたち(画像クレジット:Virgin Galactic)

ヴァージン・ギャラクティックとブランソン氏にとって、これは長い間待ち望んでいた成功だ。同社は、宇宙旅行という野望を掲げて先行していましたが、2014年に行われたテストフライトでは墜落事故が発生し、パイロットの1人が亡くなっている。

しかし、ヴァージンのエンジニアとリーダーたちは、この事故を乗り越えて、より強力で優れた宇宙船開発し、当時まだ存命だったStephen Hawking(スティーブン・ホーキング)博士に「Unity(ユニティ)」と命名してもらっている(驚くなかれ、ホーキング博士はいつか乗ってみたいと思っていた)。

パイロットたちは何年にもわたってテスト飛行を繰り返し、徐々に出力を上げていき、2018年にはついに宇宙の端に触れることができた。ただし、大気が宇宙に放出される正確な高度が完全に合意されていないという点で、若干の論争がある。カルマン・ラインと呼ばれる仮想のラインを、海抜100kmとする専門家もいれば、50マイル(約80km)とする専門家もいる。

Unity 22は降下中にその「羽」を広げる(画像クレジット:Virgin Galactic)

ヴァージンは低い仮想ラインを使い、ライバルであるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏のBlue Originは高い仮想ラインを使っている。これを受けて、ベゾス氏はヴァージンのフライトに陰口を叩き、顧客は宇宙への旅に「注意点」があることを望まないと述べた。以前、このことについて質問したとき、ヴァージン・ギャラクティックの担当者は、NASAや米空軍と同じ基準を使っていると述べた(パイロットは高度50マイルを飛行すると「宇宙飛行士の翼」を与えられる)。

カールマン博士の言い分はさておき、宇宙への乗客輸送競争は最近激化している。ベゾス氏は先日、7月22日にブルーオリジンのNew Shepardロケットが初の有人打ち上げに参加することを発表した。その際には、2800万ドル(約31億円)を支払った謎の乗客であるベゾス氏の弟と、1961年に宇宙飛行士になるための訓練を受けたが宇宙に行けなかった最初の女性の1人であるWally Funk(ウォリー・ファンク)氏も一緒に参加するという。

しかし、その後すぐにブランソン氏はその約1週間後前に行われるヴァージン初の乗客がいる打ち上げ(クルーとパイロットは何度も打ち上げられている)に搭乗することを発表し、ベゾス氏のパレードに雨を降らせた。

ブランソン氏は、自分とベゾス氏との競争を気さくに否定しているが(「我々はジェフの成功を願っている」と述べ、飛行前にベゾス氏が好意的なメッセージを送ってきたと付け加えた)、それが完全に真実だとは思えない。しかし、ブランソン氏が単に宇宙に行くだけではなく(彼は生涯の夢だったと言っている)、新興のライバルよりも先に宇宙に行くことに満足しているのは確かだろう。本人がどんなに否定しても、この物語は完全に打ち消すにはあまりにも魅力的なものだ。

現在、ヴァージン・ギャラクティックが進むべき方向は、明らかに有料の顧客に向けたものであり、そのために多くの顧客が登録されている。もちろん、彼らはみんな25万ドル(約2750万円)の余裕がありますが、あなたはそうではないかもしれない。そんなあなたのために、ブランソン氏は特別なオファーを用意た。ブランソン氏はOmazeと提携しており、選ばれた慈善団体に寄付をすると、抽選でヴァージン・ギャラクティックのフライトのチケット2枚が当たるというものだ。「ウィリー・ウォンカの帽子をかぶって、スペースポート・アメリカのガイドツアーをご案内します」とブランソン氏は付け加えた。

ブランソン氏は、寄付が続く限り、このイベントが継続的なものになることを期待している。これが、彼が頻繁に約束している、誰もが宇宙を利用できるようにするための答えなのかもしれない。

当日の様子は、以下のヴァージンギャラクティックのライブストリームで観ることができる。

関連記事
大富豪による宇宙飛行レースも最終局面、ヴァージンのブランソン氏がアマゾンのベゾス氏より早く大気圏外へ
ヴァージン・ギャラクティックが宇宙空間でのヘルスケア実験を行なう研究者を専用機で打ち上げ
Virgin Galacticが第3世代宇宙船「VSSイマジン」を初公開、CEOが語る消費者向け宇宙ブランドの構築

カテゴリー:宇宙
タグ:Virgin Galacticロケット民間宇宙飛行

画像クレジット:Virgin Galactic

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:Katsuyuki Yasui)