アップルがiPhone 12用MagSafeバッテリーパック発表、最大15Wでワイヤレス充電が可能、税込1万1800円

次の記事

フォルクスワーゲンがソフトウェアと自律走行を前面に打ち出した新ビジネス戦略を公表

iPhone 12シリーズにMagSafeが追加されたことで、アクセサリーメーカーにはさまざまな充電方法を提供できるようになったが、中でもスナップオン式のバッテリーパックが最も便利だという声をよく聞く。AnkerやMophieをはじめとする多くのサードパーティーは独自のバッテリーパックを発売しているが、今度はAppleがその流れに乗る

  1. MJWY3_AV4

    画像クレジット:Apple
  2. MJWY3_AV3

    画像クレジット:Apple
  3. MJWY3_AV2

    画像クレジット:Apple
  4. MJWY3_AV1

    画像クレジット:Apple

「MagSafeバッテリーパック」と名づけられたこのバッテリーパックは、本日よりアップルのサイトで99ドル(日本では税込1万1800円)で予約受付が開始され、7月19日到着の予定となっている(日本では7月20日〜22日)。カラーはホワイト(背面にはファーストパーティー製品であることを示すグレーのAppleロゴを配置)で、最大15Wのワイヤレス充電が可能だ。

現時点では、このパックで何回分の充電ができるかなど、その他の詳細は不明。するどい人は、本体の背面に1460mAhの大きさを示す細かい文字があることに気づくだろう。バッテリーパックの充電にはLightningポートを使用しており、スマートフォンに装着したままパックを接続することで、バッテリーパックとスマホバッテリーの両方を一度に急速充電することができる。

5000mAhのバッテリーで45~50ドル(5000〜5500円)程度のAnkerやMophieの製品と比べると割高感がある。

関連記事
アップル共同創業者ウォズニアック氏が「修理する権利のおかげでアップルが創業できた」と明かす
アップルが最新iOS 15のベータ版をすべての人に公開、開発者アカウント不要
新型コロナ後遺症の検出にFitbitデバイスやApple Watchなどウェアラブル機器が役立つとの研究結果が公表

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleバッテリーiPhoneMagSafe

画像クレジット:Apple

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)