Instagramが最近見たコンテンツをストーリーに再共有するテストを実施

次の記事

Twitterにツイート後にリプライできるユーザーを制限できる新機能

Instagramは、ユーザーが気に入ったコンテンツを自分のストーリーにどう再共有するかを変える新しい機能のテストを実施する。

一部のユーザーにだけ表示されるこのテストでは、ユーザーがアプリのストーリーズを見ているときに、自分が最近閲覧したコンテンツが表示される。このコンテンツは新しい再共有のステッカーのもとに集められ、自分でストーリーを作成するときにステッカーのトレイに表示される。最近1時間に見た投稿とリールが、最近作成した投稿とともにここに表示される。

Instagramの広報担当者はこのテストについて「ユーザーは再共有されたコンテンツに対して魅力や個性、楽しさをあまり感じない傾向にあることがわかっています。新たにテストをしているこの機能によって、ユーザーが自分が気に留めた事柄をもっと意図的に、計画的に共有して欲しいと考えています」と述べた。

ステッカーから再共有されたコンテンツは既存のストーリーを背景としてその上に表示されるので、パーソナライズを促進する可能性がある。現在はユーザーがリールの投稿を自分のストーリーに追加する際に、そのコンテンツはシンプルな背景の上に単独で表示される。新しい再共有のステッカーを使うと、再共有する際にコンテンツを自分の文脈に引き寄せて、投稿に活気を感じさせることができる(単なるリツイートよりもコメント付きリツイートの方がフィードで強さを感じられるようなものだ)。

このテストがアプリに確実に実装されると決まっているわけではないが、Instagramは新しい再共有の機能に関するフィードバックによって、再共有の投稿の質が上がるかどうかを観察する。反射的に共有するよりも実際に見たことに気をつけるようにする機能なので、ストーリーからの再共有が増えるかもしれないし、少なくとももう少し思慮深く再共有するようになるだろう。

Instagramは常に新しい機能のテストをしている。テストした機能が最終的な製品になるとは限らないが、アプリをどう変えるか、そして日常的にInstagramを使っている10億人を超える人々の行動をどう変えるかについての同社の考えがテストによって伝わってくる。

Instagramが最近実施したテストには他に、「いいね」を非表示にするテストや、アルゴリズムによってフィードに「おすすめ投稿」を混在させる機能がある

関連記事
Instagramがクリエイターがファンにだけコンテンツを独占公開できる機能「Exclusive Stories」を開発中
Instagramがデスクトップブラウザから投稿できる機能をテスト中
TwitterでツイートをInstagramストーリーに直接シェア可能に
Instagramがフォローしていないアカウントの「おすすめ投稿」をフィードに混在させるテストを開始

カテゴリー:ネットサービス
タグ:InstagramSNS

画像クレジット:Instagram

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Kaori Koyama)