レストランをクラウドキッチンに変えるAcelerate、成功の鍵は地元重視

次の記事

StreamlabsがTwitchクリップをTikTok / Instagram / YouTubeに共有できる新ツール「Crossclip」を発表

Acelerateは、レストランが自分のインフラを有効利用できるためのソフトウェアを開発している。同社は米国時間7月14日、Sequoia CapitalがリードするシリーズAで1444万ドル(約16億円)の資金調達を完了したことを発表した。

同社を創業したGeorge Jacobs(ジョージ・ジェイコブス)氏は、家族のピザ屋を手伝いながら育った。彼は、そのGeorgee’s Pizzaをもっと大きくするために経営学の学位を取ろうと南カリフォルニア大学に入ったが、テクノロジーの時代である今、家族のレストランだけではなく、あらゆる種類のレストランを助けることにビジネスチャンスがあると悟った。

Doordashで2年働いた彼は、そこでAcelerateのアイデアを温めた。それは、レストランに彼らのインフラを有効利用するやり方を教えるというものだ。

同社初のちょっとしたビジネスは、オーダーの管理、価格設定、メニューの更新や変更、営業、マーケティングといっやレストラン経営のあらゆる面をデジタル化して管理するシンプルなソフトウェアだ。レストランの売り上げが発生する場所はほとんどその店舗となるが、今やそれにDoordashやUber Eats、Seamlessなどが加わっている。しかも彼らのレストランはOpenTableやYelpなど、マーケティングのプラットフォームにも掲載されている。

管理すべきものは、意外と多い。

AcelerateのSaaSプロダクトにより、レストランはこれらのプラットフォームのすべてを1箇所で管理できるようになる。

しかし同社における、他社との最大の差別化要因はライセンス事業だ。Acelerateは、それぞれメニューが異なる7つのレストランブランドを開発。それらのブランドをライセンスし、その際、レシピと調理教本と、自分のオンライン販売ポータルの売り上げを増やしたいと願うレストランのためのトレーニングガイドを付ける。

たとえばAcelerateで仕事をすることになったアイスクリームショップは、夏好調だが冬は厳しいだろう。その同じアイスクリームショップがAcelerateのレストランで完全なキッチンを持つと、通常ならそこでアイスクリームとコーンを作るだけだ。

そこでAcelerateはそのショップに、同じ場所でバーガーショップやバーベキュージョイントの営業ライセンスを取らせ、従業員にベーコンチーズバーガーやリブのラックの作り方を教えて、そのレストランのアイスクリームが売れない月の売上を作り出す。

画像クレジット:Georgee’s Pizza

さらに、Acelerateは自分のブランドをライセンスするだけでなく、既存のレストランブランドと協力して彼らのメニューを他のレストランパートナーにライセンスする。

今のところAcelerateがブランドライセンスのパートナーとして契約している既存のレストランは3店ある。

Applebeesのような大型チェーンはAcelerateのソフトウェアを利用するだけだが、小さなレストランは事業拡大の方法としてプロダクトのライセンスを求める傾向がある。クラウドキッチンというトレンドは上げ調子だから、同社は既存のレストランをクラウドキッチンにする方法を見つけたのだ。

同社のソフトウェア事業は、誰もが想定するような月額のサブスクリプション方式だ。ライセンス事業は、レストランがAcelerateから提供されるブランドの1つをライセンスする。自家製のブランドもあれば、サードパーティー製もある。Acelerateはレストランパートナーから40%の料金を徴収する。それがカバーするのは、サードパーティのマーケットプレイスやオーダーの処理、デリバリー料金、それに宣伝費などだ。同社は食料品の全国的流通企業と交渉して、レストランの原材料の充実を目指している。

ジェイコブス氏によると、Acelerateのソフトウェア事業は数千店のレストランが利用している。そしてAcelerateのブランドは、数百店にライセンスされている。

今度得た資金はチームの拡大とプロダクトの多様化に当てられる。目下Acelerateのフルタイム社員は11名で、その半分が女性やマイノリティーだという。

ジェイコブス氏の説明によると、同社のユニークな力は、ソフトウェア専業ではないところにある。ソフトウェアはそれでなくても複雑なテクノロジースタックを抱えすぎている。

「レストランにはテクノロジーと実際の営業という二面性があるところが強い。その二面性を活かすためには、顧客にできるかぎり接近することが重要だ。そのために、いつもレストランの地元にチームを作って、日常的な営業の現実から離れないように努力している」とジェイコブス氏はいう。

関連記事
個人宅の台所をクラウドキッチンにして家で働けるようにするDishServeがジャカルタで事業拡大中
インドネシアのクラウドキッチンHangryが約14億円調達、レストラン展開も
実店舗を持たない21世紀のレストランチェーン構築を目指すパリのTasterが約40億円調達

カテゴリー:フードテック
タグ:Acelerateゴーストキッチン

画像クレジット:Acelerate

原文へ

(文:Jordan Crook、翻訳:Hiroshi Iwatani)