渋谷区・新宿区・豊島区のファミリーマート130店がバカンのトイレ混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」導入

次の記事

GMが商用EV向けのフリート充電サービスを開始、自宅での充電も支援

バカンは7月16日、渋谷区・新宿区・豊島区のファミリーマート130店に、トイレ向け混雑可視化IoTサービス「VACAN Throne」(バカン スローン)、トイレの長時間利用を検知する「VACAN AirKnock」(バカン エアーノック)の提供を7月12日より順次開始したと発表した。

同サービスは、トイレの入退室をドアセンサーで検知し、滞在時間や利用頻度を管理するというもの。これにより、一定時間以上のトイレ滞在の場合は、来店客の安全確認が可能になる(個人情報を取得することは一切ない)。ファミリーマートでは、2020年から一部の店舗での実証実験を開始しており、実験の結果を踏まえ導入を拡大することとなった。

渋谷区・新宿区・豊島区のファミリーマート130店がバカンのトイレ混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」採用

AirKnockの仕組み

VACAN Throneは、手のひらに収まる程度のセンサーを設置することで、トイレや会議室の空き情報をリアルタイムに可視化できるというサービス。検知した入退室の情報に関しては、デジタルサイネージやウェブサイト、アプリなどで確認でき、商業施設やオフィスなどですでに利用されている。

VACAN AirKnockは、VACAN Throneのオプション機能。VACAN Throneで取得した混雑情報と利用時間を、個室内壁面に設置したタブレットに表示可能で、導入済みのオフィスでは1個室あたり1日45分(参考値)のトイレ利用時間の削減効果を確認しているそうだ。

AirKnockのイメージ

AirKnockのイメージ

また同サービスにより、トイレ利用時間や頻度などのデータを取得することで、より効率的な清掃や備品管理などのオペレーションの構築が期待できるという。長時間の利用をリアルタイムに検知し通知することで、急病人などの発生も早期に把握できるとしている。

関連記事
都議会議員選挙で空き情報配信サービス「VACAN」を練馬区が導入、期日前投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化
店舗の空き情報をリアルタイム配信する「VACAN」がガソリンスタンドのセルフ洗車場の混雑状況を可視化
ホテル・旅館内の混雑情報をリアルタイム配信、バカンの技術を盛り込んだ「VACAN for Hotel」を提供開始
バカンの技術でスーパーやコンビニの3密回避、混雑状況をリアルタイム把握できる「VACAN」システムの提供開始

カテゴリー:IoT
タグ:バカン / VACAN(企業・サービス)日本(国・地域)