Kitchenful(企業)
ミールキット

食事の計画と食料品のコンシェルジュサービスを組み合わせたドイツKitchenfulの新事業

次の記事

米民主党が反ワクチン陰謀論を後押しするSNSの保護を停止する法案提出

Kitchenfulにようこそ。Y Combinatorで育ったこのドイツのスタートアップは、メニューのアイデアと食材の買い物を担当して、家での料理を楽にしてくれる。このサービスは現在まだアーリーアクセスで、ドイツのベルリンとミュンヘン地区で営業している。

Kitchenfulにユーザー登録するときは、好みや目標を申告する。ヴィーガンやベジタリアン、乳製品不使用、グルテンフリーなど健康条件の明確な指定の他に、糖質が少ない、健康に良い脂質など、ダイエット的な指定もできる。

すると、1週間分の食事企画書が届く。それらを検討して、個々の食事をカスタマイズできる。たとえば来客の予定があるなら、その日の夕食の人数を増やすことができる。また農家から直接、野菜を買っているのであればオーダーから外せる。

そうやってオーダーが決まると、バーチャルショッピングカートではなくバーチャル買い物かごがユーザーに提供される。その中身を見て、不要なものや足りないものを調整する。日用品なども指定できる。そして最後に、確認する。

Kitchenfulは、品物のリストをユーザーの近くのスーパーマーケットに転送する。同社自身は、ユーザーからのオーダーのフルフィルメントを行わない。その部分は、パートナーにやってもらう。そのためKitchenfulは自らのことを、食品コンシエルジュサービスと呼んでいる。

Kitchenfulの共同創業者でCEOのChristian Schiller(クリスチャン・シラー)氏は「私たちの主な収益源は、ユーザーが各週の個人化されたメニューと買い物かごの処理、個人化された調理方法やレシピ、残り物対策などに対して払う会費となります。また食材の買い物に関して、パートナーのスーパーマーケットからの歩合もあります」という。

シラー氏は、以前にもフードデリバリーにトライしたことがある。彼は、人気の高いミールキットサービスHelloFreshで、4年間副社長だった。

Kitchenfulはまだ、スタートしたばかりだ。同社は、Y Combinatorと、モバイルのチャレンジャーバンクN26の共同創業者でCEOのValentin Stalf(バレンティン・スタルフ)氏、中東のeコマースSouqの共同創業者Samih Toukan(サミ・トゥカン)氏、スニーカー専門サイトであるHighsnobietyのDavid Fischer(デビッド・フィッシャー)氏、デリバリーのDurstExpressでマネージングディレクターを務めるMaik Ludewig(マイク・ルデヴィッヒ)氏、そして文献管理Mendeleyの共同創業者Victor Henning(ヴィクトル・ヘニング)氏らから100万ドル(約1億1000万円)を調達している。

KitchenfulはドイツではREWE、米国ではウォルマートとクローガーと提携している。スーパーマーケットと業務提携することで、多様な品物をスーパーマーケットの価格で顧客に提供できる。

同社は、ミールキットというビジネスの新しいやり方であり、ロジスティクスの方式も従来とは違う。今後Kitchenfulが食料品デリバリーとミールキットサービスの両方で、消費者にとって魅力的な新しい形になれるか、注目に値する。

関連記事
ウーバーが食料品宅配サービスを全米400以上の市や町に拡大
料理を学びたい人向けミールキット宅配「シェフレピ」がレシピと動画のみ版「#シェフレピアーカイブ」を期間限定で提供
低糖質・高タンパクの冷凍弁当宅配「ゴーフード」が総額6000万円のプレシリーズA調達

カテゴリー:フードテック
タグ:Kitchenfulドイツフードデリバリー食料品資金調達

画像クレジット:Leonie Wise/Unsplash

原文へ

(文:Romain Dillet、翻訳:Hiroshi Iwatani)