テスラの第2四半期の純利益は過去最高の約1257億円、決算好感で株価も上昇

次の記事

米インディアナ州とパデュー大学が走行中の電気自動車にワイヤレス充電可能なコンクリートの試験実施を発表

Tesla(テスラ)は米国時間7月26日、第2四半期の純利益が11億4000万ドル(約1257億円)だっと発表した。アナリストの予想を上回り、同社の四半期利益(GAAPベース)としては初めて10億ドルを超えた。この決算内容を受けて同社の株価は時間外取引で2.2%上昇した。

サプライチェーン問題とビットコイン投資での損失を抱えたにもかかわらず、業績は予想を上回り、8四半期連続で黒字を達成した。営業利益は生産増とコスト削減により前年同期の3億2700万ドル(約360億円)から13億ドル(約1433億円)に増えた、と同社は述べた。そうした業績は部分的に営業経費の増加やサプライチェーン問題、規制クレジット収入減、前述のビットコイン関連の2300万ドル(約25億円)もの減損で相殺された。

サプライチェーン問題、特に世界的な半導体チップ不足と港の混雑が第2四半期の事業に影響した2大要因だった。Teslaはサプライチェーン問題が引き続き事業と2021年の納車台数増加率に影響を及ぼす、と指摘した。

「グローバルで記録的水準の車両需要があり、部品の供給は2021年残りの納車台数増加率に大きな影響を及ぼす」と株主向けのリリースで同社は説明した。

売上高は119億6000万ドル(約1兆3188億円)と2020年第2四半期の60億4000万ドル(約6660億円)から100%近く増えた。2021年第2四半期の売上高は、前四半期の103億9000万ドル(約1兆1457億円)も上回った。Factsetの調査対象のアナリストは売上高114億ドル(約1兆2571億円)、純利益6億ドル(約661億円)を予想していた。

同社の自動車関連の売上高は102億ドル(約1兆1248億円)だった。注目すべきことに、そのうち規制クレジット収入は3億5400万ドル(約390億円)にとどまり、これは前四半期より17%少なく、過去4四半期の中で最も少なかった。一方、自動車関連の粗利益は前年同期比28.4増%と過去最高となった。

11億4000万ドルという純利益は2020年同期の1億400万ドル(約114億円)から1000%近い増加だ。過去最高となった今期の数字は2021年第1四半期の4億3800万ドル(約483億円)の3倍近くだ。調整後EBITDAでは22億4000万ドル(約2470億円)で、前年同期の12億1000万ドルから100%近い増加となった。

Teslaによると、現金および現金同等物の四半期末残高は162億ドル(約1兆7856億円)に減った。減少は主に負債総額と16億ドル(約1764億円)のファイナンスリース返済によるもので、部分的には6億1900万ドル(約682億円)のフリーキャッシュフローと相殺された。

同社は7月初め、第2四半期に20万6421台を生産したと発表した。そのうち20万1250台を納車し、第1四半期に比べて9%近く増えた。

関連記事
テスラが高まるニッケル需要に備え鉱山大手BHPと供給契約を締結
イーロン・マスク氏がテスラはビットコインが環境に優しくなれば受け入れを再開する「可能性が高い」と発言
テスラのスーパーチャージャー充電ネットワークを2021年後半に他社EVにも開放とマスクCEO

カテゴリー:モビリティ
タグ:Tesla決算発表

画像クレジット:Tesla

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi