静岡県豪雨災害の復旧工事の応援が必要な事業者と全国の工事会社をマッチング、「助太刀」が「災害支援機能」を無料開放

次の記事

Spotifyがユーザーを駆り立て中毒性を高める通知機能「What’s New」フィードを導入

建設職人と現場をマッチングするアプリ「助太刀」(Android版iOS版)運営の助太刀は7月27日、令和3年(2021年)7月静岡県豪雨災害の復旧復興工事に携わる業者を対象に「災害支援機能」を無料開放すると発表した。

災害支援機能とは、助太刀登録業者のうち、災害時支援が可能であると意志表明している業者・職人を現地の業者に一覧表示することで、迅速につながるようにするというサービス。

助太刀アプリは、建設現場で働く職人や工事会社同士をマッチングするプラットフォームとして、すでに15万を超える事業者に登録。建設業界のあらゆる課題を解決するべく、求人、ファクタリング、ECなど様々なサービスも展開している。

関連記事
食べチョクが7月の大雨被害を受けた生産者のサポートを開始、特集コーナーを新規開設し販促を強化
建設職人マッチングの助太刀が新型コロナ対策支援、有料プランを6カ月無料、融資や助成金の情報も発信へ
建設職人マッチングの「助太刀」がパーソルや西武信金と提携、各地域の優秀な職人を発掘可能に
建設職人マッチングの「助太刀」が新潟・山形震災の特設現場募集ページを開設
工事現場と職人をつなぐ「助太刀」、給料を即日チャージで使えるプリペイドカード発行

カテゴリー:ネットサービス
タグ:建設 / 建築(用語)自然災害 / 火災(用語)助太刀(企業・サービス)土木(用語)日本(国・地域)