中国TencentのWeChatが「法律・規制違反」で新規ユーザー受け付けを一時停止

次の記事

Discordがスレッド機能導入、一定時間経つと自動的にアーカイブ化

Tencent(テンセント)のWeChat(ウィーチャット)は現地時間7月27日「関連する法律と規制」を遵守するために中国での新規ユーザー受け付けを一時停止していると明らかにした。同社は、世界最大のインターネットマーケットである中国で当局の調査に直面した最新の中国企業となる。

ソーシャルメディアへの投稿の中で、Tencentは関連するすべての法律と規制に沿うようセキュリティのテクノロジーを「アップグレードしている」と述べ、このプロセスを進める間「Weixin(WeChatの中国アプリ)の個人と公式の新規アカウント登録は一時的に停止される」と明らかにした。

「登録サービスはアップグレード終了後に元に戻ります。8月上旬が見込まれています」とWeChatは説明した。WeChatの年初時点の月間アクティブユーザー数は12億人超だった。

WeChatが発表でどの法律を指しているのか、にわかには明らかではないが、今回の動きは中国の規制当局がテック企業を幅広く取り締まっている中でのものだ。取り締まりにより、ここ数週間で中国企業の何十億ドル(何千億円)という時価総額が吹き飛び、ソフトバンクなど多くの著名グローバル投資家が影響を受けている。

中国でスーパーアプリとして展開されているWeChatが、この種の措置を取らなければならなくなったのはここ10年ほどで初めてのことだ。メッセージサービスの提供に加えて、ユーザーはWeixinでオンライン決済をしたり、幅広い金融サービスにアクセスしたりできる。

(他のマーケットでは様子は異なる。ドナルド・トランプ氏は2020年に米国内でのTikTok、WeChatを使った決済を禁止する大統領令に署名した。ジョー・バイデン大統領は6月、そうした措置を取り消して置き換えた)。

一部のアナリストは、中国政府が国内におけるテック企業の増大しつつある影響力と市民のデータのプライバシーを懸念している、と考えている。

2021年7月上旬、中国のサイバーセキュリティ当局は配車サービス大手アプリのDidiに新規ユーザーの受付停止を命じた。この措置は同社のニューヨーク証券取引所での44億ドル(約4838億円)の新規株式公開から数日後のことだった。当局はDidiが顧客の個人データを不正に収集していたと非難し、Didiアプリは中国のアプリストアから削除された。

関連記事
米政府のTikTok、WeChatの排除命令の全文とその背景
バイデン大統領がトランプ氏時代のTikTok、WeChat禁止令を廃止
中国で配車アプリDidiがストアから削除、不正個人情報収集疑いで

カテゴリー:セキュリティ
タグ:TencentWeChat中国

画像クレジット:Drew Angerer / Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Nariko Mizoguchi