【コラム】自動運転車の普及にはまず運転支援システムが消費者に信頼されることが必要

次の記事

ギグワーカーやクリエイターに金融サービスとしての福利厚生を提供するCatch

編集部注:本稿の著者Tarik Bolat(タリック・ボラット)氏はWaveSenseのCEO兼共同設立者。

ーーー

この1年間で交わされてきた自動運転車(AV)に関する議論の多くが「いつ自動運転車が公道で標準になるのか」という同じ疑問を中心に展開された。

業界のリーダーたちは2016年に、AVが路上を支配するというビッグゲームを論じていたが、今日では、一部の専門家たちはレベル4の広範な普及を10年以上先に考えている。しかしながら、そのようなタイムラインであっても、自動車メーカーが技術的にも行動的にも大きな障壁を乗り越えなければうまくいかない。AVを消費者に届けるという取り組みは予想以上に困難であり、その中核を担うのは大衆の信頼を得ることだ。

消費者の信頼度とAVの大規模な普及は密接に関係している。予測タイムラインの達成を目指し、この不可欠となる信頼の構築をすぐにも開始するために、自動車メーカーは先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance System)への自動運転機能の導入を加速すべきである。

現行のADAS技術が直面している課題

実際、消費者はまだ自分たちのクルマのADAS機能に信頼を置いていない。全米自動車協会(AAA)交通安全財団が2021年に実施した調査によると、ドライバーの80%が自動緊急ブレーキや車線維持補助などの現行の車両安全システムについて機能改善を望んでおり、現在提供されているシステムに対する消費者の信頼感の欠如が指摘されている。

Cruiseがカリフォルニア州で無人運転のテスト車両による乗客輸送の許可を取得するなど、業界における最近の顕著な進展にもかかわらず、AAAの調査によると、自動運転車に乗ることに抵抗を感じないのはドライバーの10人に1人程度だという。消費者はAV技術の急速な進歩を認識していると思われるが、こうしたユーザーからの信頼の欠如は完全な普及に対する大きな障害となり、技術がどれほど発展しようと、業界に脅威をもたらし得るものとなるだろう。

消費者の信頼の醸成を促進するために、業界は消費者の需要を満たすより高度で信頼性の高いADASの実現に目下注力する必要がある。しかし現行のオファリングは、多くの消費者が参加する前に解決すべき大きな課題に直面している。

  1. 一般的な悪条件下での信頼性の欠如:LiDARやカメラのような技術の範囲は、周囲を「見る」ことができるものに限定される。これらのシステムは、車両のセンサーが雪、土、漂積物などで覆われてしまうことで、容易に妨害される可能性がある。さらに、雪や大雨、オフロード条件により車線表示が不鮮明になったり、GPS信号の強度が不足したりすると、車両の位置を追跡する一般的なセンサーが正しく機能しないことが懸念される。
  2. 検知不良:劣化した車線表示、歩行者、他の車両、または一般的な路上物をADAS技術が検知できず、運転者や歩行者が負傷したり死亡したりした事例がいくつか発生している。
  3. 一般大衆からの理解が低い:独立して動作するように設計されたADASの機能がある一方で、システムの能力を最大限に活用して安全性を最大化する方法の理解に関して、一般大衆の知識における一貫した欠如が依然として存在する。この認識の欠如により、不注意にこの技術を誤用する運転者だけでなく、道路を共有する運転者にも不必要な脅威がもたらされる。

これらの課題に対処し、消費者に向けたより良い自動運転エクスペリエンスを創出することは、将来のAV技術の大規模普及に向けた必須のステップである。この領域で消費者の支持を得て変化を起こすための最も即時の機会は、信頼性とユーザーエクスペリエンスの向上を図ることにあり、特に動的な車両安全システムに関してはそれが重要となる。その目的において自動運転車に求められるのは、現行のシステムを強化し、その結果として自動化機能の安全性に対する消費者の信頼を高める、センサーとソフトウェアの改良である。

車両ポジショニングに関する新たな視点

この10年間で、業界はポジショニングシステムにおいて多様な進歩を遂げてきた。ポジショニングシステムとは、車道上でセンチ単位まで車両の位置を特定するシステムであり、従来のハードウェアスタックにとって極めて重要な追加機能である。そのため専門家たちは、堅牢な車両測位の最後の未完成要素として、地中レーダー(GPR、Ground Penetrating Radar)や新しいマッピング技法などの技術に賭けている。過酷な運転条件における操作や、高度に動的な環境のナビゲーションを行う能力に期待を寄せるものだ。

AVの信頼性向上にはさまざまな手段があることは明らかだが、自動車メーカーは依然として、広範な普及に必要な性能の進化を実現するアプローチを模索している。

これらの技術を傑出させる差別化要因を詳しく考察すると、次の3つの重要な問題にどのように対処するかが共通の論旨として見えてくる。オープンハイウェイや駐車場内、あるいはクルマがトラックに囲まれて視界が遮られている場合などにおける路側機能の不足、明確で一貫性のある車線表示が前提となるカメラベースシステムへの依存、そして地表のシーンが刻々と変化し、HDマップが途端に使用できなくなるような急激な環境の変化、である。こうした共通に見られる課題により、消費者は一貫性のない、信頼性の低いADAS機能に不満を抱いている。

これらの重要なギャップを克服する1つの方法として、信頼性の高い車両ポジショニングを確保するための別の手段を模索することが挙げられる。例えば、地中レーダー(GPR)は、今日の自動化システムが直面しているGPSの可用性の不足やその他の一般的な障害がある中で、悪天候や悪路での正確な位置を車両が特定できるようにする。自律性向上の実現性を示すことが肝要である。自動車メーカーは、これらの新しいアプローチを車両に追加することで、より信頼性が高く精度の高いADAS機能を生成し、自動運転エクスペリエンスを保護することができるだろう。

消費者の信頼と大規模なAV普及の足がかりとしてADASに傾注

Partners for Automated Vehicle Education(PAVE)の最近の調査によると、ADAS技術に詳しい消費者は自動運転車に肯定的な傾向があり、その75%は現在ADAS機能を持つクルマを所有し、将来の安全技術に期待を寄せている。これは、現行のADAS機能への消費者のエンゲージメントが、将来のAV普及に対するより肯定的な態度につながる可能性があることを示している。

業界として、私たちはどこに向かうのか。現在のADASシステムにおいて、自動運転の将来の課題に正面から取り組むことで解決すべき唯一の機会が存在することに、多くの人が気づいている。そうでなければ、自動運転は、大量普及を妨げる将来の難題となってしまう。

私たちは、ADAS技術を用いてこれらの重要な課題に取り組み、より優れた運転エクスペリエンスを創造して、大衆の信頼を得る必要がある。高性能なADASを大規模AV普及への経路として用いることにより、目的地に安全に到達できるであろう。

業界は、消費者と歩調を合わせながら、安全で自律的な未来を築くことができるはずだ。

関連記事
GMがアップグレードした自動運転支援システムSuper Cruiseを2022年に6車種に搭載へ
テスラがオーナーを使い安全ではない自動運転ソフトのテストを行っているとコンシューマーレポートが懸念
コロナ禍でモビリティも変化、いま押さえておくべき5つのトレンドとは?

カテゴリー:モビリティ
タグ:コラム自動運転ADAS

画像クレジット:oonal / Getty Images

原文へ

(文:Tarik Bolat、翻訳:Dragonfly)