Google Pixel(製品・サービス)
Pixel 6(製品・サービス)

グーグルが正式に新スマホPixel 6を公開、専用チップTnsor搭載

次の記事

NFT特化ブロックチェーン「パレット」開発のハッシュポートが前澤友作氏より4.8億円調達、同氏と共に新サービス提供予定

すべては明らかにされていないが、Google(グーグル)は米国時間8月2日の朝、同社スマートフォンの中心機種であるPixelのニューバージョン「Pixel 6」の概要を発表した。

その内容は次のようになる。

  • 機種はPixel 6とPixel 6 Proの2種類。
  • 基本機種のPixel 6はマットなアルミニウム仕上げで6.4インチのディスプレイを採用。一方Proは、光沢のあるアルミニウム研磨仕上げで、6.7インチのディスプレイ。
  • Pixel 6のカメラは広角と超広角の2種、Proにはさらに望遠ズームレンズを搭載。
  • 今や一般的になってしまったカメラレンズ部分の出っ張りがなくなることを期待してた方には、やや残念だ。出っ張りは「カメラバー」へと進化した。GoogleのRick Osterloh(リック・オスターロー)氏によると、センサーもカメラも良くなってるため、小さなパッケージにはもはや収まらないという。
  • Google初の完全にカスタムされた専用チップTensorを搭載した最初のスマートフォンとなる。以前のPixelは、QualcommのSnapdragonを搭載していた。GoogleのCEOであるSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏によると、このチップの開発には4年ほどを要したとという。ブログの発表記事でオスターロー氏は、オンデバイスのAIとML用にチューニングされたチップを開発することを示唆している。
  • 発売予定は2021年秋だ。

主なスペックや価格など、抜けてる情報が多くかなり謎の機種だが、初期のリーク情報もすでにあるようだ。

画像クレジット:Google

関連記事
サムスンの次回Unpackedでは新Galaxy Noteの発表なし、Sペンは折りたたみスマホに搭載
グーグルとインドのJio Platformsが低価格Androidスマホ「JioPhone Next」を発表
ファーウェイがAndroidに代わるスマホ向けHarmonyOSを正式発表
グーグルが今夏ニューヨークに店舗を開設、ハードウェア販売に本腰

カテゴリー:ハードウェア
タグ:GoogleGoogle PixelPixel 6スマートフォンAndroidTensor

画像クレジット:Google

原文へ

(文:Greg Kumparak、翻訳:Hiroshi Iwatani)