Touch ID(用語)

アップルがTouch ID付きキーボードを単品販売、テンキー付きモデルも

次の記事

「ゲーミング英会話」運営のREEVが「フォートナイト」を海外在住講師とプレイしながら楽しく学ぶ体験会開催

販売開始から3カ月半、Apple(アップル)はTouch ID付きMagic KeyboardをようやくiMacとのセットから分ける。Touch ID付きMagic Keyboardは単品でアップルストアや同社のサイトで購入できるようになった。

2つのバージョンがある。149ドル(日本では税込1万5800円)の標準モデルと、179ドル(同税込1万8800円)のテンキー付きの長いモデル。それから、丸みを帯びたコンパクトデザインでTouch IDは搭載していないバージョンも99ドル(同1万800円)である。

モデルはすべてSpotlight(スポットライト)、Dictation(ディクテーション)、 Do Not Disturb(ドゥーノットディスターブ)、絵文字専用のキーを備える(筆者は自身のキーボードで絵文字を使用不可にすることにした。アクシデントで🙁🙁を押すことを避けられなかったからだ)。

重要な注意点は、Touch IDはM1チップで動くMacでのみ使えるということ。つまり、現在マーケットに出回っているかなりのMacでは使えない。もしあなたがそうしたすてきな新システムを持っているのなら、安全なログインや購入などのためにTouch IDを使うことができる。こうした制限は、Touch IDが新しいチップに組み込まれたSecure Enclaveを使用しているためのようだ。

キーボードにはウーブンタイプのUSB-C / Lightningケーブルが付いてくるが、Touch IDはキーボードがBluetoothでワイヤレス接続されているときにも使える。また、Magic MouseとTrackpadのデザインが刷新されたバージョンも発売され、価格はマウスが79ドル(税込8800円)、トラックパッドが129ドル(税込1万3800円)となっている。

関連記事
アップルの第3四半期決算はiPhoneと各種サービスが牽引し36%増、ただし翌四半期の鈍化予想も
アップルがiPhone 12用MagSafeバッテリーパック発表、最大15Wでワイヤレス充電が可能、税込1万1800円
新型コロナ後遺症の検出にFitbitデバイスやApple Watchなどウェアラブル機器が役立つとの研究結果が公表

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleキーボードTouch ID

画像クレジット:Apple

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Nariko Mizoguchi