WhatsAppが写真とビデオを「1回だけ見られる」機能を提供開始

次の記事

Lyftが調整後EBITDAで初の黒字を達成、事業がコロナ打撃からリバウンド

6月にWhatsApp(ワッツアップ)は、消滅する写真と動画を送れるようにすると発表した。そして今週、その機能が全ユーザーに公開される。Facebook傘下のメッセージングアプリのユーザーは、写真またはビデオを「view once」(1回閲覧)モードでシェアできるようになる。1回見るとそのメディアは「フッと」消え去る。view onceモードでシェアされたメディアは、しかるべき視聴者が覗いた後は「開封済み」として表示される。

会社は新機能について、試着した服の写真やWi-Fiのパスワードを送るなどさまざまなニーズに応えるもので、決してヌードを送るためではないと述べている。注意書きでは、写真やビデオが消滅するからといって誰かがスクリーンショットを撮れないわけではない(撮ったかどうかもわからない)と念押ししている。

Facebookによると、この新機能はユーザーに「プライバシーの制御を高める」力を与えるという、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が2019年に唱えて以来続いている「プライバシー中心のビジョン」の一環だ。それ以来Facebookは、人々にオンラインプライバシーの制御を渡す姿勢をいくつか見せており、メインアプリの公開範囲制御を整備した他、WhatsAppで消えるメッセージをサポートした。

Facebookは、将来の相互接続を計画している傘下の全メッセージングサービスにエンド・ツー・エンド暗号化を導入するという大事業も予定している。WhatsAppは 2016年に暗号化を完了しているが、Messenger(メッセンジャー)とInstagram(インスタグラム)でこの重要なプライバシー機能を提供するのは数年先と言われている。

関連記事
WhatsAppがマルチデバイス対応し「一度だけ表示」して消失する機能を導入
WhatsAppが送信7日後にメッセージが消える新機能をグローバルで導入
WhatsApp、すべてのプラットフォームのエンド・ツー・エンド暗号化を完了

カテゴリー:ネットサービス
タグ:WhatsAppFacebookSNS

画像クレジット:WhatsApp

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Nob Takahashi / facebook