決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)

年間ユニークユーザー数1580万人の後払い決済サービス「NP後払い」をテレビ通販「ショップチャンネル」が導入

次の記事

【レビュー】成熟した市場に参入する低価格の変わり種、Nothingのワイヤレスイヤフォン「Ear(1)」

ネットプロテクションズは8月4日、ジュピターショップチャンネルが展開するテレビ通販「ショップチャンネル」に「NP後払い」決済サービスを8月1日から導入したと発表した。EC受注と電話受注への同時導入という。専門チャンネルを持つテレビ通販会社の電話受注に「NP後払い」が導入されるのはこれが初めてとのこと。

NP後払いは、クレジットカードの情報登録が不要で、商品受け取り後に支払いができるサービス。ネットプロテクションズの調べによると、ネットショッピングで後払いを望む人は全体の約20%ほどいるとのこと。そのニーズに応えるべく、2002年、未回収リスク保証型という形でリリースされた。NP後払いは、年間流通金額3400億円、導入企業7万社以上、年間ユニークユーザー数は1580万人(2020年4月1日~2021年3月31日におけるNP後払い利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者)にのぼるという。年間流通金額は前年比約16%の成長率を誇り、2021年3月までの累計利用件数は2億8000万件を突破した。

また、NP後払いで培った与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」サービスを2011年に開始。こちらも年間流通金額が前年比約27%の成長を見せている。さらに、実店舗でも利用可能で、1カ月の買い物をまとめて後払いできるサービス「atone」(アトネ)を2017年に開始、2018年には台湾でスマホ後払い決済「AFTEE」(アフティー)をスタートさせている。

関連記事
Squareが3.19兆円で「今買って、後で支払う」後払いサービス大手Afterpayを買収
グーグルがpringを買収した理由とは? 「米IT大手が日本の決済市場を席巻」は本当か
アップルがApple Payに後払い決済機能を導入か
オンライン通販の米Boxedが日本のイオンと提携しアジア進出
「NP後払い」のネットプロテクションズがJCBと資本提携、約60億円の調達とともに事業連携を強化

カテゴリー:フィンテック
タグ:後払い販売 / BNPL(用語)決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)ジュピターショップチャンネル(企業)ネットショッピング / eコマース(用語)ネットプロテクションズ(企業)日本(国・地域)