なんとフェイスブックがまたもプライバシー設定を変更

次の記事

ガイアックスが日本初の「スマートシティ実現に向けたLiDARデータ活用アイデアソン&ハッカソン」を9月30日開催

ユーザーへの思いやりを忘れないFacebook(フェイスブック)は、ものごとを明確で見つけやすくするためにはプライバシー設定を少々いじる必要があると判断した。そのために同社は「プライバシー設定」の設定項目をさまざまなカテゴリーへといたずらっぽく分散させた。

「当社はモバイルアプリの設定メニューを全面的に改訂して目的のものを見つけやすくしました。設定を20近い画面に分ける代わりに、1カ所からアクセスできるようにしました」と変更を知らせるブログ記事でFacebookで述べた。

おっと失礼。これは2018年の記事だった。さまざまな場所に分散化することに関する本日の投稿は「これだ」

「設定は6つの大項目に分類され、それぞれに、関連のある設定がいくつか入っています。Account(アカウント)、Preferences(設定)、Audience and Visibility(共有範囲と公開範囲)、Permissions(アクセス許可)、Your Information(あなたの情報)、Community Standards and Legal Policies(コミュニティ規定、利用規約およびポリシー)。プライバシー設定のカテゴリーを分解して、これまで入っていた設定を他のカテゴリーの中に移動しました」。

acebookがプライバシー設定を新たなカテゴリーに分解

このうちどのカテゴリーにプライバシー設定が属していると思うだろうか?Facebookは「人々のメンタルモデルによく合うように名称変更しました」と述べているので、明白であるに違いない。あなたのメンタルモデルを使うだけだ。

あなたの答えが「おそらく全部」だったら、おめでとう、そのとおり!今後プライバシー設定を変更したいとき、必要なのは新しいカテゴリーとサブカテゴリーをすべて訪れることだけだ。どのカテゴリーの中にも重要なトグルが入っているかもしれない。まるで宝探しだ。

Facebookの設定画面、最古(左)から最新(右)まで。どれがお好き?(画像クレジット:TechCrunch)

冗談はさておき、Facebookは「Privacy Checkup」(プライバシー設定の確認)項目もこのアップデートで目立たせた。この「guided review」(ガイド付きで確認)は、ユーザーを騙すダークパターンを使って、(会社にとって)より望ましくないプライバシー選択からユーザーを遠ざけるチャンスを会社に与える可能性もあるが、実際多くの重要な設定を巡り、ユーザーはそこで設定変更できる。

「新しい設定ページによってみなさまが設定ページを訪れ、必要な項目を見つけ、望んだ変更を行うことが簡単になることを確信しています」とFacebookはいう。新デザインがiOS、Android、モバイルウェブ、FB Liteそれぞれにいつ公開されるのかはすぐにわかるだろう。

関連記事
フェイスブックもグーグルと同様に職場復帰する従業員にワクチン接種を義務付け
フェイスブックの次期新製品は待望の「レイバン・スマートグラス」
ザッカーバーグ氏は110兆円規模のフェイスブックを「メタバース」企業にすると投資家に語る

カテゴリー:ネットサービス
タグ:FacebookSNSプライバシー

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:Nob Takahashi / facebook