Veoneer(企業)

自動車技術会社VeoneerにQualcommがMagnaを上回る約5000億円で買収を提案

次の記事

語学学習のDuolingoが子供向け数学アプリを開発中、CEOが明言

スウェーデンの自動車技術会社であるVeoneer(ヴィオニア)を、大手自動車部品メーカーのMagna International(マグナ・インターナショナル)が38億ドル(約4174億円)で買収するという話は、雲行きが怪しくなってきた。半導体・通信技術企業のQualcomm(クアルコム)が、米国時間8月5日、さらに8億ドル(約880億円)を上乗せした金額で買収を提案してきたのだ。

Qualcommが提案した46億ドル(約5053億円)の買収額は、1株あたり37ドル(約4064円)で、すでに同社の取締役会から承認を得ており、株主投票は必要ないと同社は声明で述べている。VeoneerとMagnaは、7月に両社の取締役会が買収を承認したと発表していた。

Veoneerは先進運転支援システム(ADAS)を開発している企業で、高速道路を走行中の車線変更や緊急ブレーキなど、特定の条件下で限られた動作を自動的に行う車両のハードウェアとソフトウェアをてがけている。ADASは、いわゆる「自動運転車」とは程遠いものの、現在販売されている新車の多くに搭載されている、人気の高い(そして現実的な)一連の機能である。

MagnaとQualcommの間で繰り広げられている入札合戦は、ADAS技術の将来的な有望性を示していると言える。どちらの企業も、ADASの一次サプライヤーであるContinental(コンチネンタル)やBosch(ボッシュ)との競争力を維持する手段を手に入れようとしているのだ。Qualcommの時価総額は現在1648億ドル(約18兆1020億円)で、Magnaは253億ドル(約2兆7790億円)。ただし、Magnaが応札するかどうかは現時点では不明だ。

市場はこの新たな買収提案に反応し、Veoneerの株価は米国時間4月4日から5日にかけて31.22ドル(約3429円)から38.20ドル(約4196円)へと7ドル(約769円)近く上昇した。7月23日にMagnaへの売却が発表される前は、Veoneerの株価は1株あたり19.93ドル(約2189円)だった。

Veoneerは、2018年に自動車安全システムサプライヤーのAutoliv(オートリブ)からスピンオフして誕生した会社だ。Autolivは2017年に、Volvo Cars(ボルボ・カーズ)と先進運転支援システムに特化したZenuity(ゼニュイティ)という合弁会社を設立したが、このベンチャーは2020年7月、ボルボとVeoneerに分割された。

このADAS開発企業は、Qualcommとも以前から関係を持っている。両社は2021年1月に、ADASプラットフォームの共同開発に関する契約を締結した。

関連記事
【寄稿】自動運転関連技術のCOOが教える「契約策定と交渉のベストプラクティス」
【コラム】自動運転車の普及にはまず運転支援システムが消費者に信頼されることが必要
【コラム】完全自律運転車の航続距離を伸ばす鍵は「光」だ

カテゴリー:モビリティ
タグ:VeoneerQualcomm買収先進運転支援システム自動車

画像クレジット:Veoneer

原文へ

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)