リラックス / リラクゼーション(用語)
Endel(企業)

メンタル&パーソナルサウンドスケープのEndelがミュージシャンGrimesらとのコラボで活況

次の記事

ソフトバンクG孫社長が中国への投資は「しばらく様子見」、IT大手締め付けに「いずれバランスを取り戻すと信じている」

Oleg Stavitsky(オレグ・スタヴィツキー)氏と共同創業者たちがEndelを始めたとき、彼らは必ずしも、AmazonのAlexa Fundなどを投資家とする、ベンチャーが支援する企業になるつもりはなかった。スタヴィツキー氏と彼の創業チームは自分たちのことを「想像力に富むクリエイティブとアーチストの集まり」と呼び、前にはBublと呼ばれる子どものためのアプリのユニークな集まりを作っていた。それは子どもたちのクリエイティブな発達を育むことを目的とし、いわゆる子ども向けのキャラクターを使ったお決まりのエンターテインメントではないものだ。

Endelは、それとは全然違うプロジェクトで、個人化されたサウンドスケープを提供してユーザーの集中心の安定やリラクゼーションや睡眠を助ける。それは各個人向けに誂えた作品で、従来的な音楽よりもむしろ、瞑想のエクササイズやウェルネスのテクニックに近い。すでにGrimesとパートナーを組むなど、多くのビッグネームたちの関心を集めており、Grimesの場合は彼女自身がそのアプリを使うことが好きなので、一緒になにかやりたいと自分からEndelに接近してきた。

オレグ氏はEndelの構築体験と、シリコンバレーの外で消費者向けテクノロジーのスタートアップを作る、あまり型にはまらない創業者集団の一員であることについて、何から何まで話してくれた。

彼とのおしゃべりは楽しかったし、お聴きになればあなたも好きになれるだろう。もちろん、一番いいのは、SpotifyGoogle Podcastsやあなたのお気に入りのポッドキャストで、Found in Apple Podcastsをサブスクライブしていただくことだ。そして感想やフィードバックをぜひお願いしたい。それらはTwitterでもfound@techcrunch.com宛のメールでも何でもいい。私たちへのvoicemail、(510) 936-1618でもいいね。そして、来週お招きする創業者も、お楽しみに。

GrimesとEndelのコラボ作品 on YouTube。

 

カテゴリー:ヘルステック
タグ:Endel睡眠瞑想リラクゼーション

画像クレジット:

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Hiroshi Iwatani)