ノイズキャンセリング(用語)

サムスンがエントリーモデルの完全ワイヤレス「Galaxy Buds 2」にアクティブノイズキャン搭載

次の記事

代替肉バーガーのImpossibleが今度は豚っぽいソーセージを米国大手スーパーで家庭用に発売

バーチャル時代の最も忙しいUnpackedの中で、Samsung(サムスン)はワイヤレスイヤフォンの新バージョンを発表した。Galaxy Buds 2は、エントリーモデルにアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を追加したもので、価格は149ドル(約1万6500円)のままとなっている。

現在、Galaxy Budsのラインナップは、Buds 2(149ドル)、Buds Live(170ドル、約1万8800円)、Buds Pro(200ドル、約2万2100円)の3種類となっている。今回の追加は、最初の2製品の境界線を明確にするものだ。現在の製品がどのようになっているのか説明を求められたSamsungは、TechCrunchに次のように答えている。

プレミアム製品であるGalaxy Buds Proは、最先端の技術を駆使して、臨場感のあるオーディオ、インテリジェントなANC、スムーズな接続性を実現しています。Galaxy Buds Liveは、ユニークなスタイルを披露したい人のために、高品質なサウンドと人目を引くデザインを組み合わせたプロダクトです。

つまり、デザインと音が差別化のポイントになる。もちろん、Buds Liveが登場したのは、プレミアム価格帯以外のイヤフォンでANCの採用が例外的だった時のものであるため、いずれなくなってもあまり不思議ではない。

画像クレジット:Brian Heater

これまでも述べてきたように、Samsungのイヤフォンは常に粛々としっかりしている。AppleやSonyのような支持を得てはいないが、同社は一貫して堅実なイヤフォンを作ってきており、今回もそうであろう。もちろん、音質や360°オーディオなどの点では、Proはまだハイエンドに位置している。

Samsungによると、新型のBudsはこれまでで最も小さく軽量だという。確かにBuds本体も、ケースも何もかもが非常にコンパクトだ(そして驚くほど光沢がありツヤツヤだ!)。耳にフィットする、おなじみの卵形の形状はそのまま。本製品は、同社のモバイル機器とのペアリングに特化して作られているが、どのようなBluetoothデバイスとも接続できるはずだ。

画像クレジット:Brian Heater

現在、Buds 2は他のデバイスと同様に予約を開始しており、8月26日に出荷を開始します。遠くない将来にレビューをお届けする。

関連記事
サムスンは「Galaxy Watch 4」でWear OSに回帰、ヘルスケアにもフォーカス
サムスンの最新フォルダブル「Galaxy Z Fold3」はスタイラス対応、防水仕様、アンダーディスプレイカメラ追加
サムスン Galaxy Buds Proレビュー、優れたサウンドとノイキャン性能を持つAirPodsの強力なライバル
サムスンが新ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表、2万円弱でアクティブノイキャン搭載

カテゴリー:ハードウェア
タグ:SamsungSamsung Galaxyイヤフォンノイズキャンセリング

画像クレジット:Brian Heater

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)