RDBをノーコード化して人気上昇のAirtableが初めての買収でデータ視覚化のBayesを獲得

次の記事

値下げされ(相対的に)手を出しやすいサムスンの新フォルダブル「Galaxy Z Flip」は約11万円から

ノーコードのリレーショナルデータベースを作っているAirtableが米国時間8月11日、同社の初めての買収として、アーリーステージの視覚化スタートアップBayesを獲得することを発表した。買収の目的は、Airtableの上でデータをもっと視覚化できるようにすることだ。両社は、買収の価額を公表していない。

Airtableと同じく、Bayesもノーコードを重視しているので、両社はともに、かつては専門の技術者を必要とした仕事を単純化する、というビジョンを共有している。AirtableのCEOで共同創業者のHowie Liu(ハウィー・リュー)氏によると、買収を考えていたわけでないが、そんな機会がたまたまやってきてしかも、そのチームとプロダクトがAirtableのノーコードという考え方に沿うものだった、という。

リュー氏は「チームとプロダクトにひと目惚れした。それは、データの視覚化をおもしろくてユーザーフレンドリーなものにするというビジョンに貫かれていて、これなら私たちでも使える、と直感しました。そんなデザイン思考はAirtableのプロダクトにも合うものであり、顧客が前よりもずっと良いデータの視覚化をできるようになります」という。

Bayesの4人の社員はAirtableに加わり、数カ月後には製品を閉鎖し、その機能性をAirtableに合体させるつもりだ。

Bayesの共同創業者であるWill Strimling(ウィル・ストリムリング)氏によると、彼のスタートアップはAirtableとの相性がとても良い。そもそも2019年にBayesを創業したときも、Airtableが大きなヒントになったのだ。そして実際に話を始めてみると、これは一緒になった方が良い、という気になってきた。「お互いのロードマップや将来計画を突き合わせてみると、これは一緒にやった方が両社の単なる和以上のものになれる、と直観した。ユーザーにとっては、Airtableから得られる情報がより濃くなるし、レポート機能はワークフローの管理をずっと充実するだろう、と感じられた」とストリムリング氏はいう。

Airtableは、現状のプロダクトでも若干の視覚化機能はあるが、しかしリュー氏によると、Bayesはやれることのレベルが違う。Bayesがあれば、Airtableのユーザーがその上に独自のインターフェイスを作れる。「データのグラフ化やリポート作成が、もっと高度なやり方でできる。Airtableの本当にカスタムなインタフェイスの作成能力を私たちの顧客に与えるために、投資をしてるんだ」とリュー氏はいう。

リュー氏によると、これまでの同社は買収を考えるほどの大きさではなかったが、社員が500名になった今では、十分に大きいと感じられるし、今では役員たちにも買収を進める能力があるだろう。「自分の会社が小さいと思っている間は、買収という考え方はなかなか飲み込めませんが、十分な規模に達したら、人材を取得してロードマップを加速するのも悪くないと思えるようになります」という。

Airtableは2013年に創業され、これまで6億ドル(約657億円)を調達している。最近のラウンドは2億7000万ドル(約295億円)のシリーズEで、評価額は57億7000万ドル(約6314億円)と大きかった。だから、買収へ向かうほどの財務的余裕もあった、といえる。近い将来、もっと買収を検討してもよいだろう。

関連記事:コードレスデータベースのAirtableがシリーズEで約290億円調達、評価額は約6300億円に

画像クレジット:ConceptCafe/Getty Images

原文へ

(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)