トラック / 貨物自動車(用語)

Hyzon Motorsが水素燃料電池トラックの販売を開始

次の記事

AIと機械学習で将来的な人材戦略を予測するretrain.aiが約7.7億円を調達

米国時間8月11日の発表によると、水素を動力とする大型トラックの企業Hyzon Motorsは白地小切手会社のDecarbonization Plus Acquisition Corp.との合併を機に事業を拡大し、まず手はじめに同社初のトラックをヨーロッパの顧客に販売する。

8月11日に第2四半期の決算報告を行った同社は、米国における最初の顧客の試乗を始める準備もしている。

特殊目的買収ファンドとの合併で上場したその他の運輸企業と同様、Hyzonにはまだ語るに足る売上はない。むしろHyzonがあてにしているのは、この取引から得られる巨額の資本注入だ。それは5億ドル(約547億1000万円)以上とも言われており、また受注の増大による上向きのキャッシュフローも期待している。

現状では同社は当四半期に940万ドル(約10億2000万円)の純損失を計上し、それには350万ドル(約3億8000万円)の研究開発費の支出も含まれている。調整後の利払い前税引前償却前利益(EBITDA)は、マイナス910万ドル(約10億円)である。同社の手中には5億1700万ドル(約565億8000万円)のキャッシュがあり、それは追加の株式を売らなくても2024年までにはフリーキャッシュフローに達するに十分な額だ。第2四半期の決算報告でHyzonのCFOであるMark Gordon(マーク・ゴードン)氏はそう語る。

Hyzonは水素燃料電池のパワートレインを製造しているだけでなく、水素燃料を生産するハブにも投資している。それはこの技術の普及のために欠かせないインフラストラクチャのための、主要な部位だ。4月に同社は、最大で100の水素生産ハブを目指して、再利用可能燃料の企業Raven SRとのMOUに署名した。ゴードン氏は、その最初の2つがベイエリアだと認めた。

関連記事:Hyzon Motorsは水素燃料電池車への意欲に米国の2つの工場を追加

ゴードン氏によると、同社は年内に85台の燃料電池車を出荷できるため、次の四半期では初めての売上を計上できる。オーダーと契約のMOUは4月の5500万ドル(約60億2000万円)から8300万ドル(約90億8000万円)に増えているが、ただしMOUの多くは非拘束だ。オーストリアの食料品チェーンMRPEISとのトラック70台の契約も、そんな例の1つだ。また顧客の多くは燃料電池車を初めて見るため、採用にあたっては技術的なハードルもある。

CEOのCraig Knight(クレイグ・ナイト)氏は、決算報告で「顧客の多くが燃料電池車に初めて触る人たちであり、目にするのも今後半年から1年後になる。本格的な技術評価過程になるため、顧客が自分たちのユースケースにおいて、クルマの機能性を快適だと感じる必要があります」と述べている。

トラックの個々の受注台数は比較的少ないが、ナイト氏によると納車から車隊の編成と稼働までの時間は、特にヨーロッパの場合、短くなっているという。ヨーロッパはすでに、水素の可用性がかなり大きいためだ。「最初の燃料電池トラックを入手し試乗してから、実用車隊を動かすまで12カ月から18カ月を要しました。しかし今では、もっと短いでしょう」とナイト氏はいう。

同社は主に、長距離輸送よりも、毎回基地に戻るタイプの運用を考えている。長距離輸送が一般化するためには、水素燃料を補給する広範なネットワークが必要だからだ。米国のロジスティクス企業Total Transport Services Inc.による顧客テストでは1日18〜20時間という長時間使用を達成したが、その間の燃料補給はカリフォルニア州ウィルミントンの補給ステーションで1回行っただけだ。そこでナイト氏は「水素の利用方法としても優れているし、しかも顧客は国中を走り回って水素ステーションを探す面倒がありません」。

原文へ

画像クレジット:Hyzon Motors

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hiroshi Iwatani)