Amazon One(製品・サービス)
生体認証 / バイオメトリクス / 生体情報(用語)

米国の国会議員が掌紋データの今後の扱い方などでアマゾンに質問状

次の記事

Redditが人知れずiOSアプリにTikTokのようなビデオ機能を実装

一部の上院議員たちが米国時間8月13日に、Amazonの新CEOであるAndy Jassy(アンディ・ジャシー)氏に書簡を送って、同社の小売店で使用する顧客の掌紋の、スキャンの方法と保存方法に関する詳しい情報を求めた。

同社はAmazon Oneと呼ばれるプログラムで掌紋スキャナーを展開し、同社の物理店ではカードを使わずに無接触決済を利用するよう顧客に勧めている。AmazonがAmazon Oneのスキャナーを導入したのは2020年おそくで、今ではそれは、米国ではコンビニエンスと食料品のAmazon GoやAmazon Books、Amazon 4-starストアなどにある。Amazon以外ではワシントン州の8つのWhole Foods店にも置かれている。

関連記事:アマゾンが手のひらを読み取る生体認証システムの採用店舗を拡大、いずれオフィスや他社店舗にも

上院議員のAmy Klobuchar(エイミー・クロブシャー)氏(民主党、ミネソタ州選出)とBill Cassidy(ビル・カシディー)氏(共和党、ルイジアナ州)、およびJon Ossoff(ジョン・オソフ)氏(民主党、ジョージア州)はその書簡でジャシー氏に、Amazonは同社のバイオメトリックによる決済システムを今後どのように拡張していく計画なのか、そして集めたデータは広告のターゲティングに使われるのかと問うている。

書簡の原文を下に埋め込んだが、その一部をここに引用しよう。「Amazon OneによるAmazonのバイオメトリックデータの収集の拡大は、このデータそのものと、その扱いがユーザーのプライバシーをリスペクトしているか、Amazonがデータを広告や追跡目的で利用するのかなどに関する、Amazonの今後の計画に関し、深刻な疑問を提起している」。

議員たちはまた、Amazon Oneを何人の人が担当しているのか、個人が関わるような微妙なデータの遺漏や乱用をどうやって防いでいるのか、掌紋と顔認識データを併用したことはあるか、などを問うている。

書簡にはこんなくだりもある。「AppleのFace IDとTouch ID、SamsungのSamsung Passなどはバイオメトリック情報をユーザーのデバイスに保存しているのに対し、Amazon Oneはバイオメトリック情報をクラウドにアップロードしていると言われ、クラウド特有のセキュリティリスクを喚起している。データのセキュリティは、掌紋のような不可変な顧客データでは特に重要だ」。


このドキュメントはScribdで見てください

Amazonは掌紋を提供する顧客に10ドル(約1100円)のクレジットを提供して、プライバシー保護活動家などから非難を浴びた。彼らは、個人の秘密データの手渡しを強制するために安っぽい策略を使った、と言ってAmazonを責めた。Amazonには、疑われてもしょうがないような履歴がある。たとえばAIによる顔認識ソフトウェアRekognitionを米国の法執行機関に提供して厳しい批判を浴び、2020年は警察用アプリケーションの一時的凍結に追い込まれた。

関連記事
アマゾンに自分の掌紋を提供すると約1100円分のクレジットがもらえる
Amazonの株主たちが顔認識技術を法執行機関に売らないことを要請
アマゾンが顔認識技術を地方警察には1年間提供しないと表明、FBIへの提供についてはノーコメント

画像クレジット:Aytug Can Sencar/Anadolu Agency/Getty Images

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)