特許 / パテント(用語)

GoogleがSonosの特許5件を侵害したと予備判決が認定

次の記事

ランボルギーニカウンタックLPI800-4は802馬力のハイブリッドスーパーカー

2020年にSonosは、特許権侵害でGoogleを訴えた。そして米国時間8月13日、このストリーミングスピーカーの企業は、権利の侵害などを調査する米国国際貿易委員会(U.S. International Trade Commission、USITC)で初期の勝利を勝ち取った。ITCの主席行政法判事Charles Bullock(チャールズ・ブロック)氏が記した予備判決は、Googleが5つの特許を侵害した、と認めている。

Sonosの法務部長であるEddie Lazarus(エディ・ラザロ)氏は、TechCrunch宛の声明で次のように述べている。「本日行政法判事は、Sonosが主張する5件の特許をすべて有効と認め、Googleがそのすべてを侵害していることを認めた。ITCがSonosの特許をともなう発明に対するGoogleのあからさまな侵害を認めたことは欣快だ。この決定は、私どものポートフォリオの強さと幅広さを再確認するものであり、私たちのイノベーションをビッグテックの独占による不正利用から守ろうとする、私共の長期的な営みにおける、将来性のあるマイルストーンになるものだ」。

しかしこの事実認定はまだ極めて初期的であり、両社間の紛争はまだ長く続くものと思われる。Sonosの訴えは、Google自身のストリーミングスピーカーの製品系列に由来している。Googleは独自のHomeスピーカーでおよそ4年半ほど前に、Sonosが長年支配していたカテゴリーに参入した。この製品系列は今やNestの商標のもとに数種類の製品を擁している。

最初の告訴の時点でSonosのCEOであるPatrick Spence(パトリック・スペンス)氏は「Googleは露骨かつ意図的に弊社の特許技術をコピーしてきた。過去数年間にわたって私どもが繰り返した多くの努力にもかかわらず、Googleは私達と、両社に利益のあるソリューションで共働する意思をまったく示さなかった。私たちに残された手段は、訴訟だけとなった」という。

こういうHome的な製品では、Googleの主な競合相手はAmazonだが、SonosはそのAmazonとも同様の問題を当時から抱えていた。しかし同社は、その時間とお金とリソースをGoogleとの抗争に割くことを選んだ。

Sonosが究極的に望んでいるのは、ITCを利用して、これらのスマートスピーカーとともに、ChromecastやPixelなど、その他のGoogleのハードウェアの輸入をブロックすることだ。それが実現すれば、Googleのハードウェア事業に対する大打撃になるだろう。しかし最終判決は早くても12月13日であり、さらに輸入の禁止が有効になるのはそれから60日後だ。

一方、Googleの広報担当者José Castañeda(ホセ・カスタネダ)氏は声明でこう述べている。「私たちはSonosの技術を使っていませんし、競争はあくまでも私たちの製品の質と、私たちのアイデアの価値によって行っております。弊社は今回の予備判決に同意しませんし、今後の検討過程において私たちの正当性の主張を続けます」。

関連記事:SonosがGoogleを提訴、スマートスピーカー技術に関する特許侵害の疑いで

画像クレジット:Google

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)