ヒュンダイ傘下となったBoston Dynamicsが人型ロボット「Atlas」出演の新たなパルクール動画を公開

次の記事

LG Energy Solutionが豪州企業とニッケルとコバルトの購入契約を締結、EV用バッテリー製造のため

Boston Dynamicsが人型ロボット「Atlas」出演の新たなパルクール動画を公開

Boston Dynamics

ヒュンダイ傘下に生まれ変わったBoston Dynamicsが、ヒューマノイドロボット「Atlas」の新たなパルクール動画を公開しています。Atlasロボットはカメラの前でSASUKEよろしく五段跳びを軽くクリアし、平均台の上を走り、華麗なバク転も2連続でキメています。

ロボットメーカーいわく、この一連の動作は数か月かけてプログラムされ、ロボットが身体のバランスを取りつつ異なる動作に移行したり、強調動作させるための知見を得るのに有効だったとのこと。つまりすべてがシーケンス的な動作なのではなく、視覚的に得た情報から判断してコースに合わせた動きをさせているということ。

ヒュンダイ傘下となったBoston Dynamicsが人型ロボット「Atlas」出演の新たなパルクール動画を公開

Boston Dynamics

その証拠と言えるかはわかりませんが、動画では一連の動作の終盤で2体のうち片方のAtlasロボットが台の上に飛び乗る際に一瞬、台に蹴つまずいているのが確認できます。ここでAtlasはバランスを崩すも、すぐに立て直して再びもう一体とタイミングを合わせての動作に戻っています。

(Source:Boston DynamicsEngadget日本版より転載)

関連記事
現代自動車がソフトバンクからBoston Dynamicsの支配権取得を完了「歩くクルマ」に向け前進
ロボティクスの先駆者Boston DynamicsのCEOがヒュンダイによる買収後の展望を語る
現代自動車がBoston Dynamicsを買収、ソフトバンクから80%の株式取得へ
ヒューマノイド型ロボAtlasが床運動のルーティーンをこなす
ブロックを積み上げた飛び石の上を自分の判断で歩くロボ
Boston Dynamicsのロボットのパルクールを見よう――2足歩行ロボットが段差を軽々ジャンプ

カテゴリー:ロボティクス
タグ:Atlas(製品・サービス)ヒュンダイ / 現代自動車(企業)Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)