1度の飛行で2ヘクタールの團場に農薬散布できる16リットルタンク搭載ドローン「ヘリオスアグリ16」販売開始

次の記事

「フォートナイト」に人狼ゲーム的な新モード「インポスターズ」が登場

産業用ドローンの開発と販売を行う東京ドローンプラスは8月17日、1度の飛行で2ヘクタールの團場に農薬散布できる16リットルタンクを備えた「ヘリオスアグリ16」の販売を開始した。購入時は問い合わせる必要がある。

特に大規模農家では、農薬散布はコスト面でも体力面でも負担が大きいとされている。ヘリコプターによる散布は高額であり、夏場に防護服を着て散布を行うのは身体的負荷が高い。そんな農家のニーズに応えるべく、東京ドローンプラスは研究開発を進め、2017年に「ヘリオスアグリ5」(5リットル)と「ヘリオスアグリ10」(10リットル)を誕生させた。「ヘリオスアグリ16」は2018年から開発を始め、国土交通省の飛行認可も取得したものの、農家の期待に添った価格面と安定したサポート体制を実現するために改良を重ねていたという。

「ヘリオスアグリ16」には、次の3つの特徴がある。

  • 業界屈指の積載量:16リットルの液剤を2ヘクタールに一度に散布可能
  • 大容量のバッテリーと6枚羽形式の採用により、長時間の安定飛行を実現
  • 操縦が不安な方でも安心、経験豊かな講師による現地でのマンツーマン講習

16リットルタンクを搭載した農薬散布ドローン「ヘリオスアグリ16」正式販売開始

「ヘリオスアグリ16」の主要スペック

  • 全幅:1800mm、折りたたみ時900mm
  • 全長:1800mm
  • 全高:600mm
  • 本体材質:カーボン
  • 総重量:15.3kg
  • モーター:120KV ブラシレスモーター
  • プロペラ:32inch
  • ESC:80A
  • フライトコントローラー:JIYI K++
  • バッテリー:LiPo 6セルバッテリー×2(22000mAh)

飛行スペック

  • 最大飛行時間:19分(16リットル散布時13分)
  • 飛行モード:GPS・ATTI・ABモード
  • 送信機メーカー形式(技適済み):Skydroid T12
  • 仕様周波数帯:2.4GHz
  • 飛行制限距離:200m
  • 飛行制限高度:30m
  • 緊急時対応:緊急停止コマンド搭載

液剤散布装置

  • 最大積載重量:16kg
  • タンク容量:16リットル
  • タンク材質:ポリエチレン
  • 最大吐出量:毎分/0.8リットル
  • 吐出幅(3m上昇時):7000mm
  • ノズル:液剤対応(個数4)

関連記事
NTTドコモが「空の産業革命」実現にらみドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」日本初提供、月額4万9800円
NTT西日本・愛媛大学・青空がドローン空撮画像解析で野菜の生育状況を見える化し農作物生産をコントロールする共同実験
ソニーがドローン「Airpeak S1」を9月発売、ミラーレスα搭載や映像制作向け飛行プラン作成も可能
衛星データで耕作放棄地の把握や土壌解析を行い農業課題解決に取り組むサグリが約1.55億円調達
ブロッコリーの収穫期をドローン画像とAI解析で診断、スカイマティクスの葉色解析サービス「いろは」が生育診断提供開始
田んぼの自動抑草ロボットを開発する有機米デザインが2億円を調達し実用化を加速
遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現

カテゴリー:ドローン
タグ:東京ドローンプラス(企業)農業 / アグリテック(用語)日本(国・地域)