ファクタリング / factoring(用語)
銀行(用語)
OLTA(企業)

オンライン完結型ファクタリングを提供するOLTAが愛媛銀行・北日本銀行とそれぞれ共同事業を開始

次の記事

中小企業向けERPプラットフォームの独xentralがTiger Globalなどから82.2億円のシリーズB調達

「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」をミッションにファクタリングサービスを展開するOLTA(オルタ)は8月18日、愛媛銀行、北日本銀行それぞれと共同で「クラウドファクタリング事業」を立ち上げ、順次サービスの提供を開始すると発表した。この提携は、第二地方銀行との共同事業としては初めて。

OLTAは、売掛金を早期に現金化できるファクタリングをオンラインで完結させる、オンライン型ファクタリング「クラウドファクタリング」を2017年から提供してきた。AIを活用した審査による「はやい・かんたん・リーズナブル」を特徴とするサービスとしており、個人事業主を含む小中事業者に多く利用されているとのこと。

長年にわたり地元企業を支援し信頼を得てきた地域金融機関は、2021年3月末で、民間金融機関の実質無利子・無担保融資(いわゆる「コロナ融資」)の受付が終了したことを受け、中小企業に向けた「ポスト『コロナ融資』」の対策が課題になっている。そこで、フィンテック企業と共同でファクタリング事業を始める金融機関が増え始めた。OLTAは、クラウドファクタリングのパイオニア企業として、今後も多くの地域金融機関と連携してゆくと話している。

金融機関へのOEM提供の実績

OLTAの場合、金融機関との共同事業は「互いの強みを活かした共創型の事業モデル」になるという。OLTAは、ウェブサービスの企画、開発、導入、運用におけるコンサルティングを提供し、パートナー金融機関は自社ブランドで金融商品を立ち上げ、法人や個人事業主に案内する。利用者にとっては、取引のある金融機関のサービスとして、安心して気軽にクラウドファクタリングを利用できるというわけだ。

関連記事
フリーランス向け報酬即日払のyupが「ファクタリング業界カオスマップ」2021年最新版を公開
オンラインファクタリングのOLTAがあいおいニッセイ同和損保と業務提携、コロナ禍での企業の資金繰りを支援
フリーランス向け報酬先払いサービスを手掛けるyupが1.3億円調達、freeeやMisoca、セブン銀行などとも連携
OLTAが地銀とタッグで「クラウドファクタリング」拡大へ、山陰合同銀行と実証実験
無料で使える請求管理サービス「INVOY」が正式公開、運営はクラウドファクタリングのOLTA
OLTAが新生銀行と共同でクラウドファクタリングの新会社設立、金融機関との連携加速へ
クラウドファクタリングのOLTAがChatworkと共同で中小企業の資金繰り支援へ、2億円の調達も実施

カテゴリー:フィンテック
タグ:OLTA(企業)銀行(用語)ファクタリング / factoring(用語)日本(国・地域)