Instagramがスワイプアップリンクをやめ、使いやすいリンクステッカーを採用

次の記事

PayPalは英国にまで暗号資産の購入、所有、売却のサポートを拡大

Instagram(インスタグラム)は8月30日から、Instagram Stories(インスタストーリー)のスワイプアップリンクを廃止する。昔から人気があるこの機能は、企業や人気クリエイターらのストーリーを見ている人を、特定のウェブサイトへ導き、詳しい製品情報や、特別の記事、サービスへのサインアップなど、何でもやらせたいことに誘うことができる。しかし今度からは、人気のスワイプアップリンクでアクションに誘う代わりに、新たにできたLink Sticker(リンクステッカー)を利用することになる。

このステッカーは2021年6月初めから一部のユーザーでテスト中だった。そして8月30日からは、本格的に展開される。

その発表に最初に気づいたアプリ研究家のJane Manchun Wong(ジェーン・マンチュン・ウォン)氏によると、スワイプアップリンクをやめる計画について、クリエイターに警告していたという。

Instagramによると、スワイプアップリンクは8月30日になくなり、代わりに「リンクステッカー」を使うとのこと。ストーリーのステッカーシートを探してみたが、リンクステッカーはない(私のところはまだのようだ)。ストーリーにリンクを置けなくなるのだろうか?

Instagramによると、現在、スワイプアップリンクを使ってる人のリンクステッカーへの変換は2021年8月30日に始まる。企業と、証明済みもしくはフォロワー数が規定数に達しているクリエイターが対象だ。Instagram自身がそのフォロワー数を明言したことはないが、いろいろなところで1万名以上と報じられている。

リンクステッカーには、スワイプアップリンクよりも良い点が2つあるそうだ。

まず、クリエイターの自由度が大きい。投票や質問や場所など、リンクの性質によってステッカーのスタイルやサイズを変えることができる。最も効果的と思える場所に、自由に置ける。スワイプアップリンクと違って、どんなポストでも読者が応答や反応を送ることが可能だ。

リンクステッカーは、利用者制限ではスワイプアップリンクと同じだが、今後はもっと多くのアカウントが使えるようにしていくとInstagramはいう。ただしアクセスの拡張は、変な人が変な目的で使ったりしないよう、細心の注意が必要だ。例えばリンクステッカーを不正な情報やスパムの散布に利用する悪者がいるかもしれない。ストーリーでリンクの共有を広げるための第一歩だが、正しく利用されるようにして欲しい。

全体として、ジェスチャーからステッカーへの移行は、ポストに加える対話機能をステッカーに統一していく動きという現在のInstagramのクリエイティブに対する方針と一致している。今度のリンクステッカーも、これまでの寄付用、音楽用、投票用などのステッカーの仲間入りをする。

関連記事
Instagramショップに広告機能が追加されeコマースますます本格化
Instagramが10代ユーザーのアカウントをデフォルトで非公開に、広告や望まない大人からの接触を制限
InstagramのTikTokクローンReelsが最大60秒の動画をサポート
画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Hiroshi Iwatani)