Givz(企業)

ブランドが割引を寄付に変換できるAPIプラットフォームを開発したGivz

次の記事

サムスンが2023年までに半導体、バイオ医薬品、通信機器事業への約22.6兆円投資を発表

Givzは、ブランドが割引を寄付に変換するAPIの開発で、300万ドル(約3億3000万円)のシード資金を獲得した。

EniacとAccompliceが、このニューヨークのスタートアップへの投資をリードし、これにSupernode VenturesとFine DayのClaude Wasserstein(クロード・ワッサースタイン)氏、Phoenix Club、そしてDylan Whitman(ディラン・ホイットマン)氏が参加した。

Givzは2017に創業し、慈善といった寄付を一般人がもっと気軽に便利にできることを狙っている。パンデミック直前の2020年3月には、同社はB2CからB2Bに方向転換し、これまで構築してきた技術を利用して、今日のGivsが提供しているeコマースのマーケティングのためのプラットフォームを作った。

同社は、顧客に「定価購入」ないし「正価購入」を勧めて、割引があればその差分をお気に入りのチャリティーに寄付する。

今回の資金調達の前には、同社は80社以上の企業、中堅企業、中小企業の小売・電子商取引、そしてH&MやTom BradyのTB12、Seedlip、Terezなどのブランドを顧客にして、4万あまりの個人ユーザーがいる。CEOで創業者のAndrew Forman(アンドリュー・フォーマン)氏によると、2020年の転換以来、同社は1100団体のチャリティへの寄付のために100万ドル(約1億1000万円)ほどを生み出している。

フォーマン氏によると、Shopifyにローンチしただけだが、それによりShopifyを利用して店舗を出している170万のリテイラーにアクセスできる。Givzが主張する運用原則は「寄付をベースとするマーケティングは一貫して割引よりも成績が良くて費用も少なく、企業のマーケティングに新たな魅力を加える」、という考え方だ。フォーマン氏は「私たちが作っているのはマーケティングの新しいカテゴリーであり、その過程で、最大の持続可能な慈善的贈与のプラットフォームが作られています」という。

Givzの使い方の例として、Tervisを取り上げてみよう。ここは顧客に、「ショッピングで50ドル(約5480円)支払いになると、お好きなチャリティに贈る15ドル(約1650円)をもらえます」といったオファーをしている。

フォーマン氏によると「同社はGivsの技術を利用して顧客が好きなチャリティを選べるようにし、何百ものチャリティに簡単に寄付ができるようにしている。これによってウェブサイトのコンバージョンは20%上がり、このオファーのおかげで平均注文単価も17%増えている」という。

画像クレジット:Givz

現在、Givzの社員は8名だが、2022年には倍に増やしたいとのことで、今回の資金の主な用途は、雇用と自社のマーケティングだという。「私たちが集めている消費者行動のデータの有効利用も探求したい」とフォーマン氏はいう。

「短期的には、GivzはShopfy上のD2Cブランドの成長に注力したいと思っているが、大きなエンタープライズやエンタープライズ級のリテイラー、それに金融機関とのユースケースもうまくいっています。今後力を入れたいのはレストランとゲーム業界、それとグローバルな拡張です。私の考えでは、個人化された寄付を利用して消費者の行動を刺激していくやり方には、特定の業種業界や地球上の地域に限定されない、無限のアプリケーションがありえます」。

EniacのパートナーであるVic Singh(ヴィック・シン)氏によると、今はさまざまなブランドが、社会的な意識のある消費者をターゲットにしていくいろいろな方法を実験しているという。シン氏は「Givzの寄付を契機とするマーケティングのプラットフォームは、ブランドにとって、社会的意識のある消費者を惹きつけ、同時にブランドイメージを上げる最良の方法です。従来の単純な割引よりも、在庫の動きが良くなり受注単価も大きくなります」という。

AccompliceのTJ Mahony(T・J・マホニー)氏によると、彼とシン氏はどちらも、中小企業や中小店がマーケティングの新しいカテゴリーとして台頭してくると信じている、 AttentiveやPostscriptもそれを感じて早期から投資している、という。

「2人とも、Givzと同じ商機を見ているんだ。割引というマーケティングのよく使い込まれた筋肉があるが、それは今や、ブランドや利益や顧客の期待にとって有害だ。割引に代わるものとして、インパクトが継続するマーケティングが主流になり、マーケターたちは、心のこもった永続性のある贈与の戦略を軸に、チームと予算を組んでいくだろう」とT・J・マホニー氏はメールで述べている。

画像クレジット:Anastassiia / Getty Images

原文へ

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:Hiroshi Iwatani)