アダルト系SNS「OnlyFans」が性的なコンテンツを禁止する決定を「一時的に中止」

次の記事

Xiaomiは4〜6月期過去最高64%の収益増加、自動運転技術会社Deepmotionを買収

アダルト系コンテンツで知られるOnlyFans(オンリーファンズ)は、露骨な性描写を含むコンテンツを禁止すると発表してポリシーの変更を予定していたが、広く反発を受けた後、その決定を中止した。Onlyfansは特にポルノのために作られたわけではないが、性的コンテンツは、同プラットフォームで最も目につくユースケースとなっていた。

「皆様の声をお聞かせいただきありがとうございます。当社は、多様なクリエイターのコミュニティをサポートするために必要な保証を確保し、10月1日に予定されていたポリシーの変更を中止しました」と同社は米国時間8月25日にツイートした。「OnlyFansはインクルージョンを支持しており、今後もすべてのクリエイターに活動の場を提供していきます」とも。

OnlyFansの広報担当者は、TechCrunchに対しメールで「提案されていた2021年10月1日の変更は、OnlyFansがすべてのジャンルのクリエイターをサポートできるという銀行パートナーの保証により、もはや必要ありません」と述べた。

OnlyFansは以前「銀行パートナーとペイアウトプロバイダー」の要求に応じるため、ポリシーの変更を行わざるを得ないと述べていた。同社はこれらの関係者からの圧力により、プラットフォーム上での露骨な性的表現を許可しないことを決定したと示唆していたが、OnlyFansがこの原因について公表した後、現時点では問題を解決することができたようだ。

なお、OnlyFansの公式声明では、この決定が「一時的に保留」されたとあり、このポリシー変更が完全に取り消されたわけではないことがうかがえる。

OnlyFansは、最初の発表に対するフォローアップのツイートの中で「クリエイターの皆様への公式なご連絡は、まもなくEメールでお送りします」と述べていた。

性的表現を禁止するという決定は、経済的に同プラットフォームに依存していたセックスワーカーたちを苛立たせた。この方針変更を受けて、一部のクリエイターはすでにOnlyFansのアカウントを削除し、他のサービスに移行していた。今回の決定取り消しにより、クリエイターたちはこれから、OnlyFansに戻るか、それともOnlyFansを離れて他のライバルサービスを利用するか選択しなければならない。

OnlyFansは2016年に設立され、1億3000万人以上の登録ユーザーと200万人以上のクリエイターがいるとされる。このプラットフォームは、Bella Thorne(ベラ・ソーン)、Cardi B(カーディ・B)、Bhad Bhabie(バッド・ベイビー)など、複数の有名人を引きつけることに成功している(18歳のラッパーBhad Bhabieは、OnlyFansアカウントを開設してから、わずか6時間で100万ドル[約1億1000万円]以上を稼ぎ出した)。

関連記事
アダルト系SNSのOnlyFansが「職場安全」なアプリを宣伝、約1098億円超の評価額で資金調達目指す中
アダルト系SNS「OnlyFans」のポルノ禁止は暗号資産決済にとって千載一遇のチャンスとなる

画像クレジット:NurPhoto / Getty Images

原文へ

(文:Aisha Malik、翻訳:Aya Nakazato)