クラウド録画プラットフォームの「セーフィー」が9月29日マザーズ上場へ

次の記事

有料ニューズレターのSubstackがサブスクソーシャルアプリ「Cocoon」のチームを買収

クラウド録画プラットフォーム「Safie」を手がけるセーフィーは8月25日、東京証券取引所マザーズに新規上場を申請し承認されたと発表した。上場予定日は2021年9月29日で、証券コードは4375。

セーフィーは、「映像から未来をつくる」というビジョンを掲げ2014年10月に設立。対応カメラとインターネットをつなぐだけで、遠隔地にいてもスマホやPCからリアルタイムで現地の映像・音声を確認できるというクラウド録画サービス「Safie」を展開している。

またSafieは、サブスクリプション形態で提供しており、2021年6月末時点で、課金カメラ台数が12.9万台となっている。2020年のクラウドモニタリング・録画サービス市場において、稼働台数ベースで約47.5%のシェアを獲得した。

同サービスの拡大に向け100社以上の販売パートナー網も構築しており、特にNTTグループ、Canonグループ、SECOMグループ、関西電力グループなどの企業グループとは資本・業務提携を実施している。2021年6月末時点でのOEM提供パートナーは8社。残りの販売パートナーはSafieブランドのまま再販する販売パートナーとなっており、両社を合わせて販売パートナーとしている。

これまでの資金調達としては、ソニーネットワークコミュニケーションズ、オリックス、関西電力、キヤノンマーケティングジャパン、NECキャピタルソリューション、ティーガイア、セコムなどを引受先とする第三者割当増資を実施している。

上場にともない329万7000株を公募し、571万1000株を売り出す。オーバーアロットメントによる売り出しは135万1000株。ソニーネットワークコミュニケーションズ(116万株)、代表取締役社長CEOの佐渡島隆平氏(90万株)、オリックス(65万株)、キヤノンマーケティングジャパン(65万株)などが株式を放出する。

公募・売り出し価格の仮条件の決定は9月9日、ブックビルディング期間は9月10~16日。価格の決定日は9月17日。