Hardware

サウナの「ととのう」を見える化、KDDI総合研究所関連プロジェクトにてVIE STYLEが開発開始

次の記事

ForgeRockがアイデンティティおよびアクセス管理事業の拡大にともないIPO申請

サウナで「ととのう」とは、サウナと水風呂を繰り返すことで訪れるある種のトランス状態のような感覚のこと。

感覚的な状態のため言葉で表したり共有するのが難しいのですが、これを可視化するシステムの開発をVIE STYLEがスタートしたと発表しました。

これは、KDDI総合研究所の研究拠点「KDDI research atelier」が実施する取り組み「FUTURE GATEWAY」のプロジェクト「Hoppin’ Sauna」からうまれました。「いつでもどこでも、呼べばサウナがやってくる」をコンセプトに、労働生産性の向上や医療費抑制への貢献を目的にしたものです。

VIE STYLEのイヤフォンKDDI型脳波計「VIE ZONE」を活用して、脳波をはじめとするさまざまな生態情報を高精度に取得「ととのう」プロセスを数値化して個人差や体調差を定量的に表現。さらに、被験者の視覚や聴覚、触覚に嗅覚などを刺激したときのフィードバックから「ととのう」プロセスの可能性を検証、最適化を目指します。

関連記事
わずか30分で結果が出る新型コロナ用の迅速PCR検査方法をFDAが緊急承認
キャンピングカーを旅や生活の拠点とする新たなカルチャー「バンライフ」を支えるCarstay
外国人が自国語で医師に相談できる「UrDoc」、医師向けアプリのベータ版を公開