おつり投資・ポイント投資を行える資産運用サービス「トラノコ」のTORANOTECが約29億円のシリーズC調達

次の記事

スペインのInternxtは「分散型ストレージのCoinbase」を目指して約1.1億円を調達する

資産運用とアプリ開発・運営を行うフィンテック企業TORANOTEC(トラノテック)は8月30日、シリーズCラウンドにおいて、第三者割当増資による総額約29億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターのJIC ベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合(JIC VGI。産業革新投資機構傘下のJICベンチャー・グロース・インベストメンツ運営)、セブン銀行、Aslead Capital Pte、AG キャピタル、SUMISEI INNOVATION FUND(住友生命CVC)。

トラノテックは、おつり投資やポイント投資を可能とする資産運用サービス「トラノコ」(Android版iOS版)を運営。投資へのハードルを著しく下げ、誰もが将来に向けた資産形成を行える社会の実現を推進しており、累計で約30万の口座開設に至っているという。

調達した資金は、トラノコのサービス拡充・普及拡大の加速を目的としたマーケティング活動の推進、またより幅広く顧客ニーズに対応すべく新商品・新サービスの開発・展開に重点投資を行う予定。

トラノコは、日々の買い物データから算出される買い物のおつり分や各種ポイントを、毎日コツコツ投資に回し、少額から本格的な資産形成ができるアプリサービス。トラノテック完全子会社のTORANOTEC投信投資顧問が提供しており、3つのファンドから1つを選ぶだけで、世界中の株式・債券などに分散投資できる。

また、無料歩数計アプリ「マネーステップ」(Android版iOS版)と連携することで歩くだけで投資資金を毎日獲得できる「歩いて投資」機能など、投資が楽しくなる各種サービスを搭載。今まで投資を行ったことがない方にとっても無理なく長期的な資産形成を始められるとしている。