Boseが新ノイキャンヘッドフォン「QuietComfort 45」発表、約3万6400円で9月23日発売

次の記事

Spotifyが友達と音楽の好みを合わせてプレイリストが作れる新機能「Blend」を正式公開

米国時間8月31日朝、Boseはは相次ぐリーク情報に続いて、好評を博しているオーバーイヤーヘッドフォンの最新モデルを発表した。QuietComfort 45(35 IIの後継モデル)は、ノイズキャンセリング機能が向上し、1回の充電で24時間利用できる。価格は330ドル(約3万6400円)で、前モデルであるQC 35の当初の販売価格よりも20ドル(約2200円)安くなっている。

新ヘッドフォンは、数世代続くヘッドフォンに似ているが、より快適に、より軽く、よりコンパクトにするための改良が加えられている。QuietComfort 45には「Quiet」と「Aware」という2つの主要なモードがある。前者は、改良されたノイズキャンセリング技術を用いて周囲の騒音に対応するというもの(Boseの従来の一律ANCとは異なる)。一方「Aware」はヒアスルーモードで音を取り込む。

左側のイヤーカップには音量、電源、ペアリング用の4つのボタンがあり、右側にはノイズキャンセリングモードの切り替え用のボタンがある。タッチパネルに移行したヘッドフォンもあるが、Boseは物理ボタンを維持している。また、内蔵マイクを使った会話の際には、音が左右に分離されるように音声が改善されている。

画像クレジット:Bose

バッテリーは24時間の音楽再生が可能なもので、USB Cで充電する。ゼロからフル充電になるまでには2時間かかるが、、時間がない場合は15分のチャージで3時間利用可能だ。

Boseが2000年に初代QuietComfortを発売して以来、ヘッドフォンのカテゴリーは劇的に進化してきている。2016年の「QC 35」でついに完全ワイヤレス化した。最近では、Sony(ソニー)やApple(アップル)などの優れたプロダクトが登場し、カテゴリーはさらに混沌としているが、特に頻繁に旅行する人にとって、Boseはオーバーイヤー型ヘッドフォンの最も象徴的な存在であり続けている。

QuietComfort 45は、シンプルさを追求するBoseの姿勢を継承している。9月23日に発売。その頃には、私たちはまた飛行機で旅をしているかもしれません。

関連記事
【レビュー】成熟した市場に参入する低価格の変わり種、Nothingのワイヤレスイヤフォン「Ear(1)」
新型ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」発売、Android / iOS高速ペアリング、ノイキャン搭載で税込1万7800円
【レビュー】ソニー新型「WF-1000XM4」は高性能ワイヤレスイヤフォンの新基準、2年待っただけの価値がある
画像クレジット:Bose

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)