NFTプロジェクト「CryptoPunks」の生みの親がハリウッドの大手タレント事務所と代理店契約

次の記事

ロシアYandexがYandex SDGなどのUberの持ち株を1102億円で買収、4事業を完全に所有

ハリウッド最大のタレントエージェンシーの1つが、NFTゲームに参入する。

CryptoPunksの生みの親Larva Labsは、United Talent Agency(UTA)と、最も初期の、そして最も象徴的なNFTプロジェクトの1つをエンターテインメントとブランディングの世界に持ち込む代理契約を結んだ。

「UTA Digital Assetsの責任者であるLesley Silverman(レスリー・シルバーマン)氏は、The Hollywood Reporterに「暗号世界で生まれたIPが、より広範なエンターテインメント空間に進出する最初の機会の1つであり、彼らはそれを勝ち取りました。彼らは、本当にすばらしい方法で時代の流れに乗ったのです」と語っている。

この契約により、CryptoPunksは、映画、テレビ、ビデオゲーム、その他のライセンス分野で登場することになるだろう。また、Larva Labsの他のアートプロジェクトであるMeebitsとAutoglyphsも、今後UTAが担当することになる。今回の契約の条件は公表されていない。

NFTへの投機的な投資が爆発的に増加する中、CryptoPunksはこの分野で最も認知度が高く、価値のある先駆者の1人であり続けている。Larva Labsは、2017年にEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で、アルゴリズムによって生成されたピクセルで表現されたフィギュア1万個を発売している。

素人目にも、そしておそらく訓練された目にも、CryptoPunksはさまざまなキャラクターの小さなピクセル化された肖像画にすぎない。ある人は海賊帽をかぶり、ある人はパイロットのメガネをかけてパイプを吸っている。しかし、暗号資産の世界では、CryptoPunksは社会的象徴であり、NFTへの初期の投資、個人的なスタイル、重要なことだが富を伝えるものでもある。

CryptoPunksの価値はゼロから急上昇し(当初は無料で配布されていた)、現在では最も安価なコレクターズパンクでも数十万ドル(数千万円)、最も価値のあるものでは数百万ドル(数億円)で販売されている。5月には、クリスティーズのオークションで、9つのCryptoPunksのセットが1700万ドル弱(約18億7000万円)で落札された。先週は、VISAもこのゲームに参加し、モヒカンで緑色のフェイスメイクをしたデジタルイラストのCryptoPunk #7610に15万ドル(約1650万円)を投じた。

Aリストのセレブリティを担当することで知られる伝統的なタレントエージェンシーがNFTゲームに参入することは注目に値しますが、このグループが暗号資産のワイルドな世界に足を踏み入れるのは初めてではない。2021年8月初め、UTAはRallyという会社と契約を結んだ。この会社は、クリエイターがブランド化されたソーシャルトークンを発行し、ファンが商品や限定コンテンツに使えるようにするプラットフォームを運営している。

関連記事
イーサリアムの「最古のNFTプロジェクト」CryptoPunksをめぐる驚くべき熱狂
CryptoPunksのNFTセットがクリスティーズで約18.5億円で落札
画像クレジット:Lucas Matney/TechCrunch

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Katsuyuki Yasui)