大阪府立大学(組織)
美容(用語)

「適正下着」開発・販売のHEAVEN Japanと大阪府立大学がAIが最適なブラジャーを提案する「AIするブラ診断」を共同開発

次の記事

屋内専⽤の産業⼩型ドローンIBISを手がけるLiberawareが4.2億円調達、自律飛行・AI強化で点検・計測・分析推進

ライフスタイルに合った「適正下着」の商品開発から販売までを行うHEAVEN Japanは8月31日、同社オンラインショップにおいて、ウェブ上で必要な項目を入力するだけで、自分の体型に合ったブラジャーやサイズをAIが提案するウェブアプリ「AIするブラ診断」を8月30日に公開したと発表した。AIがデータを学習し、より精度の高い提案ができるようバージョンアップを進める。

ウェブアプリは、2020年に発足した同社DXチームと大阪府立大学の佐賀准教授とで共同開発したもので、下着の知識がない初めてのユーザーでも、わかりやすく使いやすいシステムを作ることを第一に開発を進めたという。AIが最適なブラジャーを提案、「適正下着」開発・販売のHEAVEN Japanと大阪府立大学がウェブアプリを共同開発AIが最適なブラジャーを提案、「適正下着」開発・販売のHEAVEN Japanと大阪府立大学がウェブアプリを共同開発

HEAVEN Japanによると、コロナ禍によりオンラインで買い物をする機会が増えているものの、人によってさまざまである体型やバストの形にぴったりとフィットする下着をネットで選ぶことは、特に初めての方にとってはとても難しく、「どの下着を買えばいいのかわからない」「自分のサイズがわからない」といった事前の相談を多く受けているそうだ。

自分に合った下着を無料で試着できる同社「試着体感サロン」では、知識と経験の豊富なプロのフィッターがカウンセリングを行った上で最適な下着を提案。AIするブラ診断では、試着体感サロンで蓄積したデータを基にAIが解析・学習し、顧客が必要な項目を入力するだけでそれぞれの方に合った商品やサイズを提案できるようにしているという。AIが最適なブラジャーを提案、「適正下着」開発・販売のHEAVEN Japanと大阪府立大学がウェブアプリを共同開発AIが最適なブラジャーを提案、「適正下着」開発・販売のHEAVEN Japanと大阪府立大学がウェブアプリを共同開発