スウェーデンのCakeが都市部向け電動モペッド「Makka」を発表

次の記事

30分以内にiPhoneをお届け?ハイエンドブランド製品を宅配するドイツのArive

スウェーデンの電動バイクメーカー「Cake(ケイク)」が、最新モデル「Makka(マッカ)」を発表した。都市部での利便性を追求した超軽量の電動モペッドだ。価格は3500ドル(約38万5000円)からで、現在は米国と欧州で予約を受け付けている

Makkaは、フラッグシップモデルの高性能バイク「Kalk(カーク)」やユーティリティバイク「Ösa(オサ)」などのオフロードバイクで知られるCakeにとって、これまでの標準から一歩踏み出した製品だ。この第3のプラットフォームは、短距離の商業輸送や通勤など、シティライドに特化したCake初のモーターサイクルとなる。

「この新しい電動モペッドは、誰もが乗れる電動2輪車を作るというCakeの野心をさらに明確にするものであり、ゼロエミッションのライフスタイルに向けてインスピレーションを与えるというCakeのミッションに沿って、性能、耐久性、妥当性の限界を押し広げるものです」と、Cakeは声明で述べている。

Makkaの重量は55kg(バッテリー別)で、リアカーゴラックが標準装備されている。このラックには、マウントやサドルバッグ、チャイルドシート、さらには同乗者用シートなどを取り付けることができる。

カラーはホワイトとグレーの2色で、合法的に公道走行可能。米国では出力5馬力以下の原動機付自転車に分類され、自動車免許または二輪免許が必要となる。EUでは、モーターの速度が時速45kmを超えないため、L1e-bというカテゴリーに属し、自動車免許かモペッド(原付)免許を持っていれば公道を走ることができる。

  1. Makkawhitekidsseat

    Makka + チャイルドシート
  2. Makkabox

    Makka + 荷物収納ボックス
  3. MakkastudioALL-80

    取外し可能なバッテリー

Cakeの最新モペッドには2種類の仕様が用意されている。欧州のみで販売されるエントリーモデルの「Makka Range」は、最高速度が時速25キロメートルと低く、航続距離は60キロメートル。欧州と米国で販売される「Makka Flex」は3800ドル(約41万8000円)で、最高速度は時速45キロメートルに達するが、航続距離は50キロメートルとやや短くなる。

どちらのバイクもアルミニウム製ステップスルーフレームにフットボードを備え、14×3インチのオートバイ用タイヤ2本を装備する。Makkaシリーズにはタッチスクリーンディスプレイが搭載されており、バッテリー残量、走行速度、走行距離、ライドモード(航続距離を伸ばすモード1と、バランスのとれたモード2から選べる)、ブレーキモードの選択などの情報が表示される。

Makkaのドライブトレインの出力は3.6kW、バッテリー容量は1.5kWh。バッテリーを充電するには、バッテリーを車両に搭載したままプラグに差し込んでも可能だし、あるいはバッテリーを取り外して自宅で充電することもできる。バッテリーを80%まで充電するには2時間、100%まで充電するには3時間かかる。前後のブレーキともにハンドレバーを採用した電動二輪車用ブレーキシステムは、制動力を回生してバッテリーに蓄え、航続距離を伸ばすことができる。

オフロードバイクを都市部向けに転用することに有用性を見出しているメーカーは、Cakeだけではない。ニュージーランドの電動ユーティリティーバイクブランドであるUbco(ウブコ)は、Makkaに似た自社製モペッドの販売を米国にも拡大するために、最近1000万ドル(約11億円)の資金調達を実施した。Cakeの直近の資金調達は2019年のシリーズAで、1400万ドル(約15億4000万円)を調達している。

関連記事:電動ユーティリティバイクUBCOは持続可能性に優れるサブスクモデルで世界展開と循環型経済分野のリードを目指す
画像クレジット:Cake

原文へ

(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)