著作権 / 著作隣接権(用語)

グーグルが仏当局によるニュース発行者の著作権をめぐる罰金を不当として控訴

次の記事

データでワインをパーソナライズ、サブスク型ワイン販売Bright Cellarsが約12億円調達

Google(グーグル)は、フランスの競争委員会から2021年7月に課せられた5億ドル(約550億円)あまりの罰金に控訴をしている。

罰金はコンテンツの再利用に関してニュースの発行者に使用料を支払う件における、アドテック巨人(Google)のやり方に関連している。

Google Franceの副社長でカントリーマネージャーであるSebastien Missoffe(セバスチャン・ミソフ)氏はこの度の声明で、罰金は「不釣り合いな」であるとし、ニュースの発行者と契約し、改定された著作権規則に準拠しようとしているGoogleの「努力」を考慮すると正当化できないと主張している。しかしそれは、弁護の声明としては相当ひどいものだ。

ミソフ氏は次のように付言している。「2020年4月から8月までの交渉に基づいてフランスの公正取引委員会が行った決定に、我々は控訴する。我々は、いくつかの法的要素に同意しないし、その罰金は、合意を求め新たな法に準拠しようとする我々の努力に対して不釣り合いです。にもかかわらず我々は、関連する権利を認め、この事案の解決のために献身し、取引の正常化に努めていく所存です。これには、オファーを1200社の発行者に拡大することと、我々の契約の諸側面を明確にし、またフランス公正取引委員会の7月の決定で求められているよりも多くのデータを共有することが含まれています」。

関連記事:フランスがグーグルに650億円の罰金、記事使用料交渉で命令に従わず

さかのぼって2019年に、欧州連合は、ニュース記事のリード文を著作権の対象に含めるする改定デジタル著作権法に合意した。その部分はGoogleニュースのようなニューズアグリゲーターが何年も前から毎日のように削り取って表示していた断片記事である。

EUの加盟国はアップデートされた全EUの改革を自国の法律に転置しなければならない。それを最初に行ったが、フランスだった。

また、改定法をGoogleに強制する件でも、フランスの競争当局が先陣を切り、2020年にこのテクノロジーの巨人に対して発行者と交渉するよう命じた。そして発行者がGoogleの交渉態度に不平を言ったとき、超弩級の罰金を課している。

関連記事:フランス競争当局がGoogleにニュース再利用の対価支払いを命じる

2021年夏に罰金を発表するときフランスの競争委員会は、このテクノロジー巨人が別の罰金や課金義務などの発生を避けるために、ローカルな発行者に対してグローバルに運用しているニュースライセンスプロダクトを一律に課そうとしていると非難した。EUとフランスの法律では、そういう発行者とも、個別に交渉すべきことが定められている。

Googleのやり方に対する当局の不平不満のリストは膨大である。これに関し、TechCrunchの初期の記事はここにある。だから、今度の控訴も、どこまでが単なる時間稼ぎなのか、よくわからない。

ロイターによると、仏競争委員会は、控訴で罰金が一時棚上げになることはないし、すでに(7月に)発せられている期限が変更されることもない、という。それによると、Googleがオファーの改定や発行者への必要な情報の提供に費やせる時間枠は、7月の時点で2カ月しか残されていない。そのときまでにすべての要件を満たさなければ、日額90万ユーロ(約1億2000万円)の罰金が新たに発生する。その締切はあと2週間後だ。

Googleは、控訴を発表したことによって発行者の心をそっちに集中させ、どんな代案でも受け入れる気持ちにさせる、と踏んでいるのかもしれない(そのための対象発行者の1200社への拡大か)。控訴の訴状にある「契約の諸側面を明らかにし」と「もっと多くのデータを共有し」などはすべて、Googleが仏当局から厳しくお尻ペンペンされた領域だ。

関連記事:フランスがグーグルに650億円の罰金、記事使用料交渉で命令に従わず
画像クレジット:Chesnot/Getty Images/Getty Images

原文へ

(文:Natasha Lomas、翻訳:Hiroshi Iwatani)