テスラのRoadsterの出荷は早くても2023年、イーロン・マスク氏がほのめかす

次の記事

デザインを自動でコードに変換するノーコードツールAnimaが約20億円のシリーズAを調達

生産・出荷がずれ込んでいるTesla(テスラ)車両リストにRoadster(ロードスター)を加えよう。​​CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は米国時間9月1日、パフォーマンスEVのRoadsterは、以前発表されていた2022年出荷に間に合わないだろうと述べた。「2021年はかなりクレイジーなサプライチェーン不足の年でした。ですので、もし17の新プロダクトのすべてが出荷されなくても問題ではないでしょう」とRoadshow見つけたツイートの中で述べた。Roadsterは2023年に出荷されるはずだとマスク氏は付け加え「おそらく2022年にドラマは展開されない」とも書き込んだ。

Teslaは次世代Roadsterを2017年に発表した。当時、同社は2020年にデビューさせる予定だった。その2020年は同社がスーパーカーについて大した情報を共有することなく過ぎ去った。そして2021年初めにマスク氏はRoadsterの生産が2022年に始まるかもしれないと述べた。Roadsterの生産が実際に始まるかは、大きな「もし」がつく。Tesla Semiの生産を遅らせている世界的なチップ不足は2023年まで続くことが予想されていて、マスク氏のツイートはさらにずれ込む可能性をほのめかしている。

画像クレジット:Tesla

編集部注:本記事の初出はEngadget。執筆者のIgor Bonifacic氏はEngadgetの寄稿者。

原文へ

(文:Igor Bonifacic、翻訳:Nariko Mizoguchi